技術

日本、デジタル地図の「次世代」データベースにイスラエル技術を使用

金曜日の報告によると、日本はデジタル地図の多目的データベースを構築する野心的なプロジェクトにイスラエルの技術を使用すると述べています。

スクラム・ベンチャーズ(Scrum Ventures)とスマートシティX(SmartCityX)のマイケル・プロマン(Michael Proman)マネジメントディレクターは、イスラエル・ハヨム(Israel Hayom)の言葉を引用し、「都市はファンデミックからこれまで以上に強力に進化し、再浮上している」と話した。

このプロジェクトに参加したイスラエルビジョンソフトウェアスタートアップInnovizによると、このプロジェクトの究極の目標は、「自律走行や無人配送などの次世代スマートシティサービス」の基盤を築くことです。 。

小宏吉弘(Yoshihiro Gomi)日本郵便局の執行役員は、「イノビズのソリューションを使って全国の地域問題を解決する可能性に満ちた革新的なアプローチに大いに感謝します。 「私たちの資産とInnovizOne LiDARセンサーの組み合わせが新しいビジネス創出につながることを願っています」

Innoviz Technologiesのアジア担当副社長であるDavid Obermanは、次のように述べています。

「デジタルマップを構築し、日本の居住者に価値を提供するために、InnovizOne LiDARセンサーの展開を加速するために、Scrum Venturesのリソースとサポートに感謝します.」

READ  PV Tech Power 26発売:電力の新たな王として、太陽光、日本、ベトナムの市場に焦点を当て

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close