日本、デジタル遊牧民のための新たなビザ発売、経済的困難を解決するのに十分だろうか?

Estimated read time 1 min read

によって ラクラン・ベネットABC

人々は東京の渋谷交差点を歩いています。
写真: 提供/AFP

日本は遠隔勤務の増加を活用しようとアジアで最も最近の国になったが、新しいデジタル遊牧民ビザの計画は近隣諸国との激しい競争に直面する可能性がある。

遠隔勤務擁護者はすでに現場で現実になったこと、すなわちノートパソコンを持ち、デジタルスタートアップで勤務したり、大規模な多国籍企業で遠隔で勤務する旅行者の「制度化」を歓迎した。

しかし、デジタル遊牧民コミュニティの多くは、ビザがあまりにも制限されていると批判した。

6ヶ月の滞在制限は長期旅行者にとっては短すぎるため、AU $ 100,000(NZ $ 106,590)の最小給与要件は、スタートアップで働いている人にはしばしば適用されません。

日本の円安が原因で生活費が下落しているのに対し、他の国では誰をデジタル遊牧民として受け入れるかについて、より柔軟に対処しています。

遊牧民は誰ですか?

ファンデミックによって引き起こされた遠隔勤務の正常化は、デジタル遊牧民の生活をインフルエンサーが主導する幻想で生きていく現実に変化させました。

多くの起業家がWiFiを持っている場所であれば、どこでもオンラインビジネスを運営しています。

他の人は元の会社員で、Zoom会議をあまり見逃さない限り、上司が毎日通勤を捨てることを許可しました。

一部の国では、これらのトレンドを活用して柔軟なビザを設定し、ログオンするのに安価で牧歌的な場所に自分自身を宣伝したいと考えています。

しかし、一部の規制当局は、税金を避ける訪問者の洪水を心配し、外国人が観光ビザとして到着し、最も近い共同作業スペースに座ることがないようにしたいと考えています。

日本はアジアで最高の遠隔勤務場所ですか?

日本デジタルノマド協会は2020年からますます一般化されていることを積極的に接近し、「制度化」するよう政府にロビーをしてきた。

Ryo Osera執行官は新しいデジタル遊牧民ビザを歓迎しましたが、アジアの他の場所で可能なことを考慮して、より少ない制限を推進しました。

韓国はデジタル遊牧民とその家族に最大2年を提供しますが、志願者は最低AU$100,000(NZ$106,590)の所得を上げ、外国企業に雇用されるべきです。

台湾の「ゴールドカード」は厳密に言えばデジタル遊牧民ビザではありませんが、適切な資格があれば、海外で自営業の人に就職および居住権と一緒に3年間無制限の入国を提供することができます。

タイの「長期居住ビザ」は、デジタル遊牧民を最大10年まで収容できます。

これらは、年間所得が12万ドル(NZ $ 127,908)以上でなければならず、5年間の業務経験がなければならず、過去3年間で合計収入が少なくとも2億3000万ドル(NZ $ 245百万)である上場企業または民間企業に雇用されるべきです。します。 。

マレーシアの「ノーマドパス」は、すべての国籍の人々に年間AU$37,000(NZ$39,438)以上を稼ぐ場合、最大2年間滞在する機会を提供します。

2023年1月23日、ヘッセン、フランクフルト/メイン:1人の女性が共同作業スペースでラップトップに取り組んでいます。 写真: Sebastian Gollnow/dpa (写真: Sebastian Gollnow/DPA/dpa Picture-Alliance via AFP)

多くのアジア諸国では、デジタル遊牧民にビザを提供しています。 ファイルの写真。
写真: 提供/AFP

「今は競争が激しくないですが、今日本は本当に人気のある目的地になりました」とオセラは言いました。

「私たちはまだ政府と議論しています。本当に大きな進歩ですが、まだ十分ではありません。」

一方、日本で6番目に大きい都市である福岡は、デジタルノーマドハブとして位置づけようと努力している。

技術起業家のPablo Riverosは、遊牧民と国外の居住者の両方のためのコミュニティである福岡スタートアップコレクティブを始める前に、10年以上海外で働いていました。

彼は日本には速いインターネットや交通、文化、生活費など提供することが多いと話しました。

「多くのオーストラリア人が日本に来るのはとても便利です。本当に良いですし、価格も安いです」と彼は言いました。

しかし、リベロスは、新しいビザの6ヶ月の制限が「非常に短く、給与要件が「地域で最も高価なものの1つ」だと述べました。

「本当に高い。東京で日本の先輩の役割よりはるかに高い」と彼は言った。

日本には何が含まれていますか?

移民に対する日本の悪名高いアプローチを考えると、デジタル遊牧民の流入の可能性について、公衆が正確にどのように反応するかはまだわかりません。

ANUのオーストラリア・日本研究センター所長のシロ・アムストロン(Shiro Armstrong)は、日本が人口減少と必須人材不足の問題を扱っているため、移民に対する考えが常に「現場現実」と一致しているわけではないと述べた。

「彼らは私たちが慣れ親しんだり認識したりする大規模な公衆移民を持っていません」と彼は言いました。

「しかし日本には約200万人の国外居住者や多様なビザで居住する外国人がおり、200万人は決して少なくありません。」

観光客と同様に、デジタル遊牧民も食べ物や宿泊費を費やすことで経済を活性化することができますが、アムストロングはそれが日本の最大の問題の1つを解決できないと述べました。

「彼らは膨大な公的負債を持っています。政府の債務は、私たちが今まで見てきたものよりも小さく見えます」と彼は言いました。

「歳入を増やさなければなりません。だから外国人を連れてきたら [a lower tax rate]人口がどのように反応するかを見るのはとても興味深いでしょう.」

Oseraは最近、福岡で開かれたスタートアップカンファレンスにグループを連れて行ったとき、デジタル遊牧民がどのようにアイデアを交換し、地域住民との関係を構築できるかを見ました。

「コミュニケーションをとる機会が増えます。 [with] デジタル遊牧民、技術スタッフ、地域のスタートアップが互いにつながっています」と彼は言いました。

「日本は大きな市場であり、多くの人が日本でビジネスチャンスを持つことに興味があると思います」

今回のビザは日本が急激な人口老齢化とこれに伴う労働力不足という実存的脅威に対抗している中で出たのだ。

当局はまた、国家のデジタル転換を促進するよう努めています。

古い技術が広がりすぎて、一部の官僚が大流行の最初の数ヶ月間にファックス機を使用してコロナ19のケース番号を報告したことを考えると、これはやや難しい作業です。

デジタルノマドが現地の労働力に合流することはないだろうが、日本法務省は彼らが「多様な革新の源泉になる能力と力」を持つことを希望している。

– この物語はもともと出版社から出版されました。 アルファベット

READ  疑わしい統一教活動を議論するためのパネル会議
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours