日本、デフレから永久脱出を追求

1 min read

日本政府は今年の基本経済・財政政策リストの草案を作成した。 日本がデフレを完全に終えることができるように、労働者が継続的に健全な賃金の引き上げを享受できるようにすることが主な目標の一つだと明らかにしました。

関係者は火曜日の政府会議で草案を発表した。 文書によると、日本経済は最近、労働者が33年ぶりに最大の賃金引き上げを享受するなど、デフレを確実に克服することができる珍しい機会を持っていると述べています。 政府は、これらの給与を支給することによって堅固な経済成長を促進する傾向の始まりを知らせたい。

草案には、政府が次の会計年度にも依然として一次樹脂黒字を追求していると明示されています。

報告書は、日本の人口減少が2030年代から加速し、経済が公共財政と社会保障を支援するために年間1%以上の実質成長を続けなければならないと述べた。

政府は2040年頃、名目GDPが約1000兆円に達できると明らかにしました。 これは昨年よりほぼ70%増加した数値です。

ドラフトはまた、デジタル化へのより多くの投資を推奨します。 この目標をサポートするには、半導体と人工知能にもっと支出が必要です。

また、資本投資と研究開発の支援も約束します。

ドラフトは脱炭素化にも重点を置いています。 政府はすでに再生エネルギー活用拡大を推進すると明らかにしたことがある。
このために薄く軽く曲げられるペロブスカイト太陽電池など先端技術開発支援も検討する予定だ。

また、浮遊式海上風力タービンの財政支援を提供することもできます。

政府は与党の意見を聞いた後、今月末まで国務会議で草案を承認する予定だ。

READ  日本、安倍晋三元首相局長に反対する日本人極少数
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours