日本、トランプとの計画策定を支援するために安倍の元通訳を招待マイティ 790 KFGO

Estimated read time 1 min read

チーム・ケリー(Tim Kelly)とジョン・ゲディ(John Geddie)

東京(ロイター) – 高尾スナオは安倍晋三側の充実した通訳官で、当時日本の指導者がゴルフカートに乗り回りながら議論になる問題を乗り越えていく過程でドナルド・トランプを理解するのを助けました。

今度は第2トランプ大統領当選が現実化し、日本の管理者は11月5日に米国選挙を控え、共和党候補のキャンペーン参加を強化するためにハーバードで教育を受けた高尾を派遣する準備をしており、これは日本に対する政策衝撃を防止することを希望しています。

この問題に精通した6人の関係者は、北京駐在日本大使館での任期がほぼ終わる高尾が米国に焦点を当てた役割に移り、日本がトランプに対する彼の知識とおなじみを活用できるようになる可能性が高いと話した。 彼らはこの問題を公に議論する権限がないので、匿名を前提としています。

消息筋の4人は、一部の管理者がタカオをワシントン駐在の日本大使館に送りたいと言い、2人は彼が東京でそれをすることもできると話しました。 関係者のうち4人は会談が進行中であり、場所や時期などに対する決定がまだ確定していないと話しました。

Takaoは、潜在的な役割についてReutersの質問に答えなかった。 日本外務省は米国選挙を「大きな関心を持って」見守っていると明らかにしたが、具体的な人事については言及しなかった。

中級官僚の将来についての高レベルの議論は、アナリストが日本の官僚が貿易と地政学的緊張を高めることができると心配するアメリカの選挙結果を準備しようとする日本の管理者の熱心な試みであると強調しています。

アジアで米国の最も近い同盟国は、トランプ大統領が中国との交渉を模索し、保護主義貿易措置を復活させ、日米軍の維持のためにより多くのお金を要求することができると懸念していると先月、ロイター通信が報じた。

最近数週間、日本の政治とメディアで「トランプである可能性がある」という意味の「ホボトラ」という新造語が人気を得ており、これは「モシトラ」または「トランプの可能性がある」に代わった。

ニューヨークに本部を置き、日米関係を促進する非営利団体であるジャパン・ソサエティ(JAPAN Society)のジョシュア・ウォーカー会長は、トランプに近い人々とつながろうとする日本の管理者たちの努力が「熱風」に達したと述べた。

「彼らはビデン人を知っています。 彼らは連絡をとる必要がある非常に簡単で小さなグループの人々です。 それで彼らは基本的にトランプ側にすべての努力を集中しました。」と彼は言いました。 「これは完全な裁判所の言論です。」

トランプキャンプはコメントの要求に応答しませんでした。

高尾は以前、山田重夫の日本大使と共に働いたことがあり、彼は昨年末にトランプキャンプとつながるよう指示を受け、その場を引き受けたとロイターが2月に報じた。

消息筋とこの問題に精通した追加関係者によると、高尾に対する会談に加えて、ここ数カ月間、日本アメリカ大使館管理者はマーク・メドウズ前トランプ大統領秘書室長とロバート・オブライアン元国家安保補佐官に会ったという。 。

今回の会談は、トランプ大統領の外交政策計画と次期政権の構成を理解するためのものでした。

メドウズとオブライアンはコメントの要求に答えなかった。 ワシントン駐在日本大使館の広報担当者は、具体的な人事については言及できないと述べた。

一方、トランプ大統領在任当時副首相だった阿蘇太郎日本与党高官は、トランプ大統領と側近人共和党議員に会い、トランプ政権の発足を準備するために、今後数ヶ月以内にもう一度米国を訪問することを検討しています。 人々が言っ​​た。

日本は以前にもこのような先制的措置を取ったことがある。 安倍首相は2016年当時、トランプ当選者に出会った最初の外国人指導者であり、2人は引き続き緊密な関係を築きました。 安倍は2022年に暗殺された。

今回の広報活動はトランプ大統領の競争者であるジョーバイデン大統領の招待で来月米国を訪問する予定の岸田文夫首相に敏感な時期になっている。

今週のロイター通信は、米国と日本の指導者が両国間の軍事協力を強化することに合意すると予想されると報じた。

「楽しい時間」

高尾は2016年から2020年までトランプタワー、「野獣」というニックネームがついた大統領専用車、日本相撲競技、二人のゴルフピクニックなど数十回トランプ大統領との出会いで安倍首相のために通訳しました。

米国で成長して10代の時、日本に戻ってきたこの公務員は、会議に先立ちトランプ大統領の映像とゴルフルールを勉強するのに数時間を費やしたと6人の消息筋の一人とこれについてよく知っている別の人が伝えました。 問題。

その研究は、トランプと彼の側近の関心を引く方法で指導者の交流を円滑にしました。

トランプの元国家安保補佐官マット・ポッティンガー(Matt Pottinger)は2022年7月、ウォールストリートジャーナル特集で高尾が「レーシングゴルフカートの後ろにぶら下がっている間にも、日​​本の指導者の軽快なスターカートを共鳴する英語で表現した」と書いた。

ポッティンガーは、高尾は「素晴らしい外交官であり、アベ首相の英語の「声」として非常に効果的だった」とReutersに語った。

「彼はどんな役割を果たしても日本に資産になるでしょう」と彼は付け加えました。

この問題に精通した消息筋によると、トランプ大統領は2019年安倍首相とゴルフをした後、冗談で高尾を後輩首相と呼んだという。

中国語が流暢ではないにもかかわらず、高尾は2021年北京駐在日本大使館の政治参事官に任命され、西欧外交官の間で有名になりました。

キャリア初期に日本駐在米国大使館第2書記官を務めた高尾は日中読者として一部では日本外務省のスーパースターとして評価されると彼を知る二人が語った。

しかし、彼の資格を残して、他の管理者は、日本の官僚制の硬直した違反とトランプが外国の指導者と直接取引することを好むということを考慮すると、高尾が何を達成できるかについて疑問を表明しました。

「ドナルド・J・トランプは高尾さんとよく知っていますが、彼は故人になった友人の安倍首相と共に過ごした楽しい時間を彼に思い出させることができます。」 元安倍特別補佐官谷口智彦が言いました。

「しかし、トランプ大統領が国家指導者との直接取引を好むということは、岸田首相がトランプ大統領から友情と信頼を得るためにかなりの努力を払わなければならないことを意味します。」

(報告者:Tim KellyとJohn Geddie、追加の報告者:Sakura MurakamiとYoshifumi Takemoto(東京)、David BrunnstromとNathan Layne(ワシントン)、編集者:David Crawshaw)

READ  韓 - 日嵐の雲ドア大統領のオリンピック訪問決定
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours