スポーツ

日本、ドイツとの共同海軍訓練を提案

日本政府は、日本が今年末、ドイツ護衛艦がアジアを訪問するとき、ドイツと海軍訓練を実施することを提案したと発表した。 日本政府は、日本が中国の海上拡張に対抗他の民主主義国家と安全保障関係を強化することを目的としていると明らかにした。

この提案は、日本とドイツの外相と国防長官との間の最初の安保対話で行われ、双方は、問題をより調査することで合意したと、日本政府の声明は述べている。

日本のモテ期豊島みつ外相と岸信夫国防長官がビデオ会議を通じて、ドイツのハイコストマス外相とアーネグレトナクラムプ – カレンバウアー国防長官と会談を行った。

先月、ドイツ政府当局者は、ドイツ護衛艦が8月に、アジアで運行するものであり、復路で、2002年以来、南シナ海を横断する最初のドイツ戦艦になると言いました。

安保対話で日本とドイツ長官は同南シナ海の状況について意見を交換して、ルールベースの国際秩序の重要性に同意したと政府声明は述べている。

中国は人工島に軍事前哨基地を立てた南シナ海のほぼすべてのエネルギーが豊富な海域を占めています。 ブルネイ、マレーシア、フィリピン、台湾、ベトナムも海の一部の所有権を主張しています。

東シナ海で北京は日本が管理する無人島グループを主張しており、この紛争は、長い間、両国関係を苦しめました。

(清竹中、編集:バーバラ・ルイス)

READ  COVID心配にもかかわらず、日本のファンのための東京オリンピック開催

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close