日本、ドイツに続き4位経済大国に墜落

Estimated read time 1 min read

新しく発表されたドイツ経済データによると、ドイツは2023年に世界3位の経済規模を誇り、日本をほぼ確実に上回りました。

米ドルで測定された日本の国内総生産(GDP)は、ドルに対する円安の下落により減少したが、ドイツのGDPはインフレによって増加した。

ドイツは1月15日、2023年の名目GDPが前年比6.3%増加した約4兆1200億ユーロを記録したと発表した。

日本銀行の2023年の平均為替レート基準で換算すれば約4兆5000億ドルに達する金額だ。

日本の10~12月のGDP統計は2月の内閣府が発表する予定だ。

しかし、三菱UFJリサーチ&コンサルティング(Mitsubishi UFJ Research and Consulting Co.)は、2023年に日本の名目GDPを591兆円、すなわち約4兆2千億ドルと推定しています。

これは円安では前年比5.7%増加したのに対し、円安はドルベースでは1.2%減少した数値です。

2023年の最後の四半期の数値が約190兆円であれば、日本の年間名目GDPはドイツと一致するでしょう。

しかし、2022年10~12月の規模が約147兆円である点を勘案すれば、その可能性は低く見える。

名目GDPは、各国が生産した商品とサービスの総付加価値です。 ある国の経済規模を比較するために使用される主な指標です。

米国は名目GDPで世界1位を占めており、中国がその後に続いています。

国際通貨基金(IMF)は去る10月2023年日本とドイツの順位変動を予測した。

円安とドイツのインフレが予想される反転に寄与したが、経済学者は日本経済の弱点を指摘した。

ドイツは長期的に経済成長率で日本を上回り、両国の経済規模の格差を狭めてきた。

IMFデータによると、ドイツ経済は2000年から2022年まで年平均実質基準で1.2%成長したのに対し、日本は0.7%成長した。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの小林信一郎氏は、過去30年間に企業に根付いたヘッジ事故方式のため、日本の輸出と全体的な経済成長が停滞したと述べた。

1980年代後半に資産が膨らんだ経済発泡がオフになると、企業は給与を削減し、アイドル資産を売却して事業を縮小しました。

2008年、米国投資銀行リーマンブラザーズ事態で円安が急騰すると、自動車メーカーと家電製品メーカーは為替変動に備えて海外生産に速度を出した。

小林氏は、輸出業者が国内生産施設に投資しないことを決めたため、2022年以降は円高値下落を現金化できなかったと述べた。

彼は「過去円の価値が1ドル当たり140円まで落ちたら輸出ははるかに増えただろう」と話した。 「企業は現在、国内投資に失敗したために費用を支払っています。」

チップメーカーと他のメーカーは、近年、日本に工場を建設する計画を発表しました。

しかし、第一生命研究所の熊野秀夫氏は、国内外企業ともに補助金を受けない限り、日本を製造拠点として選択しないと述べた。

日本の人口は急速に老齢化し減少しています。

熊野は「内需需要が弱ければ企業は特定の国に投資しないだろう」と話した。 「日本企業が海外での成長機会を模索するのを防ぐことは不可能だろう。」

IMFは2023年に中国を抜き、世界最大の人口大国となったインドが2026年の名目GDPで日本を抜いて世界順位5位に上がると予想している。

日本の人口はインド、中国に比べて10分の1にも及ばないが、日本の1人当たり名目GDPも2022年OECD加盟国のうち21位に落ちた。 これは日本の経済力の弱化を反映したものだ。

円安の下落は様々な要因に起因するものの、日本の脆弱な経済力を反映することもあります。

熊野は「日本の国力を考慮すれば円安は一時的とは見えない」と話した。

(この記事は、ダボスの寺西和夫と米谷洋一が書いたものです。)

READ  BOJが債券利回りを固定するために介入するにつれて円下落
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours