日本、ドナー不足問題で苦軍奮闘する中、科学者たちが人間臓器移植のために初の豚を飼育

Estimated read time 1 min read

日本、ドナー不足問題で苦軍奮闘する中、科学者たちが人間臓器移植のために初の豚を飼育

日本のベンチャー主導チームは、最初に人間の臓器や細胞移植に使用するために3つの遺伝子組み換え豚を飼育しました。 日本ドナー不足で苦労していると会社は火曜日に明らかにした。

しかし、この種間移植の安全性は当分の間、追加の動物実験によって調査されると明治大学国際生命資源研究所の研究に基づいて発足したPorMedTecというベンチャーが明らかにしました。

米国のバイオテクノロジー会社であるeGenesisのメンバーで構成されたチームは、9月に米国の会社が供給した細胞を使用して日曜日に生まれた豚を飼育したとPorMedTecは発表しました。

客が東京のある豚カフェでマイクロ豚と遊んでいる。 図:AP

去る10月、体細胞複製技術を使って遺伝的に同じ個体を作った受精卵を代理母豚の子宮に移植しました。 帝王切開で3匹の子豚が生まれました。

成長が確認されれば、豚はサルなど他の動物に対する長期移植研究に使用するために日本の科学研究所に寄付される予定だ。

PorMedTecの創設者であり、シニアサイエンティストである長島宏氏は、「今回の機会を人間の臓器移植の課題を考慮する機会として活用したい」と述べました。

アジアでは、長期ドナーはほとんど女性であり、移植は主に男性に行われます。 研究

異種移植として知られている動物対ヒト細胞および臓器移植は、臓器ドナー不足に対する解決策を提供すると予想される。

日本の長期移植ネットワークによると、日本には現在、約16,000人が長期寄付待機者として登録されていますが、毎年約3%だけが寄付を受けています。

日本では、1型糖尿病患者に豚膵島細胞を移植することと重症腎疾患のある胎児に豚腎臓を一時的に移植することが計画されていますが、以前はこのような手順が行われたことがありません。

READ  日本を訪れる際に試すべき21の路上料理
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours