日本、ドライバー不足による車両共有禁止解除レビュー旅行する

1 min read

ブルームバーグ | 出版社:Zarafshan Shiraz

ドライバーの不足や交通手段の縮小に直面した日本政府は、車両共有禁止を解除する方向に動いており、これはUber Technologies Inc.と競合他社がサービスを拡大できるドアを開くことができる措置です。

日本、運転手不足で乗車共有禁止解除検討(写真提供:Twitter/km_group_jp)

岸田文雄首相は月曜日の是正演説で一般運転者の有料乗客を自家用に輸送することに対する制限を緩和することを検討すると明らかにした。 交通手段の不足が社会的問題で台頭している」とし「多様な分野の意見を聞いて新しいシステムを設計していく」と話した。

料金の策定方法はもちろん、車両の内側と外側の標識の配置位置を含め、日本の商用旅客事業には厳しい規制が適用されます。 個人が運営する車両や一般免許を所持する運転者は禁止されており、タクシーを運転するには、運転者が異なる免許を取得するために試験に合格しなければなりません。

日本レンタルタクシー協会連合会によると、タクシー業界のドライバー数は2019年以降約20%減少しました。 車両共有の規制が緩和されると、入国旅行者や公共交通機関が不足している人口密集地域への旅行がより便利になる可能性があります。

連盟は乗車共有を「運転者を独立した個人所有者として位置づけ、労働規制を回避しようとする試み」と批判しました。 安全で安心できる交通サービスを保障するため、該当団体は地域団体と共に「乗車禁止解除が解除されないよう最善を尽くす」と明らかにした。

もっと見る:Uberが日本で勝つのを防ぐために戦っている「タクシー王子」

岸田執権自民党の一部の有力議員は、乗車共有禁止解除について肯定的な立場を明らかにした。 菅吉秀元元首相は8月、長野演説で「人材不足を勘案する際、車両共有に関する議論が必要だ」と話した。

これに先立ち、日経新聞は岸田首相が政策演説を通じて車両共有禁止解除を検討していることを明らかにする計画だと報道したことがある。

このストーリーは、テキストを変更せずにキャリアのフィードに投稿されました。 見出しのみが変更されました。

興味深いニュース! Hindustan Timesは現在WhatsAppチャンネルにあります。 今すぐリンクをクリックして購読し、最新のニュースを入手してください! ここをクリック!

READ  日本女王のプラチナジュビリーイベント:教育資料
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours