日本、ネイバーへのライン支配権剥奪要求「異例」:CEO

Estimated read time 1 min read
モバイルメッセンジャーアプリライン(右)は韓国ネイバーと日本ソフトバンクが間接所有している(日経提供)

東京 – ネイバーが日本の人気モバイルメッセンジャーアプリライン(Line)の運営会社であるLY(株)の支配権をネイバーに売却しろという日本行政処分は異例だと金曜日明らかにした。

ネイバーチェ・スヨン代表がネイバーとLYとの関係について「まだ決まっていない」と話した。 しかし、ネイバーは情報技術インフラをLYから分離してほしいという東京の要請を受け入れる準備ができています。

彼女はソウルでネイバーの第1四半期の実績を発表した後、アナリストらとのカンファレンスコールで「会社に対する(資本)支配力の縮小を要求する行政指示は非常に異例的」と話した。 「それは私たちの中長期的な事業戦略に基づいて決定する問題です。 まだこの問題に対する私たちの立場を決めていない」と話した。

チェ代表は、「ネイバーがLYに提供する一部のインフラを分離しなければならないという日本の行政指針により、ネイバーのインフラ収益が影響を受けるだろう」と述べた。

ネイバーチェ・スヨン代表

彼女は、ネイバーがこの問題をどのように処理するかについて科学技術情報通信部を含む韓国政府と「緊密にコミュニケーション」していると述べた。

個人データの漏洩により発生

去る3月日本総務省はラインアプリとインターネットポータルヤフージャパンを運営するLYにネイバー依存度を減らしてネイバーとの関係を見直してくれるよう要請した。

今回の発言は昨年11月にLYサーバーがハッキングされ、ラインアプリのユーザー情報が流出した事件を含め、オンライン上で相次いで個人情報の流出が発生した後、LYに対する国土部指針の一環だった。

モバイルメッセンジャーアプリライン(Line)とYahoo!のロゴ 2019年11月ファイル写真に見える日本の姿(AP連合提供)

日本の多くのメディア報道によると、国土部は今回の事件の原因のうち、システムとネットワーク構成の面でLYのネイバーへの依存度が高いことを挙げた。

LYはネイバーと日本ソフトバンク(ソフトバンクグループ傘下通信社)が50対50で合作したAホールディングスの大株主だ。

ラインに対する統制権、Yahooが危機に瀕している

業界関係者は、ネイバーがラインアプリやYahoo Japanへの影響力を減らすなど、すべての可能性を検討していると述べた。

今週初め、業界ニュースによれば、ネイバーとソフトバンクは Aホールディングスの株式をどのように処理するかについて議論中これは、JV所有権の変更可能性を示します。

イ・ヘジンネイバー創業者兼グローバル投資責任者(左)と孫正義ソフトバンク創業者兼CEO。

2021年に設立されたAホールディングスはLY株式65.4%を保有している。 アナリストらは、ソフトバンクがAホールディングスの持分を追加で買い入れると、日本企業がLYの経営陣を統制することになると述べた。

モバイルメッセンジャーアプリラインは、2011年3月の地震により有線通信が中断された後、日本で人気を博しました。

台湾、タイ、インドネシアなど東南アジアでもメッセンジャーサービスを提供しているこのアプリは、現在世界中で2億人を超えるユーザーを誇っている。

に書く 停止は、キム・イルギュ at [email protected]

남인수さんがこの投稿を編集しました

READ  中国の人口はFTレポートに反論し、「早い2022年に「減少すること
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours