日本、バイデンの「外国人嫌悪」発言非難、公式抗議提起

Estimated read time 0 min read

日本政府は、ジョーバイデン米大統領の「外国人嫌悪」がアジア国家の経済発展を阻害していると発言したことに失望感を示したと日本政府首席スポークスマンが火曜日確認した。 先週、バイデンは次の国で「外国人嫌悪症」が発生すると述べた。 中国日本、インドは、ワシントンで開かれた募金イベントで、移民が米国経済に与える利点を強調し、経済成長に悪影響を与えた。

林吉正官は、日本が米国に正式に反対したことを明らかにし、バイデンの発言は日本政策の正しい理解を反映していないと強調した。 林は記者会見で「私たちはその発言が日本の政策に対する正しい理解に基づくものではなく、残念だという点を米国に伝えた」と話した。

それにもかかわらず、林首相は「日本と安保同盟国である米国との関係はこれまで以上に固い」とし「日本はこれをさらに強化するために努力するだろう」と話した。

バイデンは2024年の再選出馬のキャンペーンイベントで、「私たちの経済が成長する理由の1つはあなたと他の多くの人々のおかげです。 なぜ? 私たちは移民を歓迎するからです。」 続いて「中国はなぜそんなに経済的に不振し、日本はなぜ困難を経験し、ロシアはなぜ、インドはなぜそうするのか」と説明した。 なぜなら彼らは外国人嫌悪者だからです。 彼らは移民を望んでいません。 移民は私たちを強くする存在です。」

Nitin A Gokhale WhatsApp チャンネル

文化的均質性を誇る日本は歴史的に移民を惹きつけてきた。 しかし、韓国は出産率の低下と人口高齢化のため、深刻な労働力不足に直面している。

最近、ニュースウィークとのインタビューで、岸田文夫首相は、日本が人口問題を解決するために熟練した人材を引き付けることを検討する必要があることを認めたが、包括的な移民プログラムのアイデアを縮小した。 「有能で意欲あふれる人材を日本に招待し、日本社会に支援を提供することが私たちが可能にしたいと思います」と彼は言いました。 「日本社会には、まだ継続的で無期限の海外労働力の流入に反対する人々がいます。」

ロイターの意見に基づいて

READ  ソウル市、ネイバーラインアプリに日本「差別禁止」を促す
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours