日本、バングラデシュでより熟練した人材を採用

1 min read

外国人福祉と海外雇用大臣Shofiqur Ra​​hman Choudhuryは、一部の日本の民間企業がバングラデシュで熟練した人材を雇うことを提案したと述べた。

彼は日曜日、国防部で日本企業代表11人で構成された日本代表団に会った後、こう語った。

Shofiqur氏は次のように述べています。 適切な手続きに従って申請してほしいと要請した」と明らかにした。

長官は、日本代表団が必要な技術訓練を提供できるように技術訓練センター(TTC)を設けると述べた。

彼は「そこで関心のある人材に教育を提供し、資格のある人材を選抜できるだろう」と話した。

日本ガラス欧米海洋会社の正文ガラス欧が率いる代表団は、かなりの数の熟練した人材が必要だと知らせました。

マレーシア労働市場の状況と調査委員会の報告および抗議期限に関する質問について、長官は「調査委員会がこの問題に取り組んでおり、調査が終わった後に詳細をお知らせする」と述べた。 完全な」。

「罪を犯した人々にどんな罰を与えなければならないかについての勧告があることを願っています。 また、被害を受けた人がマレーシアに旅行するために必要な措置を講じます。」

人材雇用訓練局(BMET)によると、日本は昨年バングラデシュで900人以上の労働者を採用した。

外国人福祉および海外雇用部長官Md Ruhul Amin、BMET局長Saleh Ahmed Mujaffor、バングラデシュ海外雇用およびサービス制限の専務理事Mallick Anwar Hossain、賃金所得者福祉委員会局長Md Hamidur Ra​​hmanなども出席しました。

READ  '脱成長' - マルクス主義が現代に戻った
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours