日本、バングラデシュに4億9500万円提供取引が締結

1 min read

日本、バングラデシュに4億9500万円提供取引が締結

ダッカ、2024年6月26日(BSS) – 日本政府は「人的資源開発奨学金(JDS)プロジェクト」という名前のプロジェクトに4億9,500万円(約35.25億タカまたは321万ドル)を支援する予定だ。

この点で、今日、バングラデシュ政府と日本の間で紙幣交換と無償支援協定が締結された。

Md。 Shahriar Kader Siddiky、財務省経済関係局(ERD)大臣は、バングラデシュ政府に代わってメモ交換および補助金契約に署名しました。 岩馬清見(IWAMA Kiminori)キッチングラデシュ日本大使が「覚書交換」に署名し、JICAバングラデシュ事務所代表である市口智秀が日本政府に代わって「支援契約」に署名したとERD報道資料から言った。

「人的資源開発奨学金(JDS)プロジェクト」は、財務省傘下経済関係科で2001年から2025年まで施行しています。

この補助金は、BCS幹部役員、バングラデシュ司法事務官、立法および議会事務局の一級事務官、バングラデシュ銀行が日本の様々な大学で修士課程および博士課程を勉強できるように奨学金を提供するために活用されます。

このプロジェクトに従って、442人の公務員が修士号を取得し、07人の公務員が日本のいくつかの大学で博士号を取得しました。

帰国した公務員は、習得した知識と技術を職場で活用し、国家発展に寄与している。

日本はバングラデシュの最大量子開発パートナーだ。 日本は独立以来323億7000万ドルを投資し、国家全般の発展に大きく寄与した。

日本は、ソフトローンに加えて、人材育成、社会経済開発、環境保護支援など、様々なプロジェクトにかなりの量の補助金と技術支援を提供しています。

READ  福島直接| ノートルダム大学
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours