経済

日本、バングラデシュの石炭発電で暑さに直面

日本では約4,000km離れた、バングラデシュ南東部のマングローブ林が茂っ島のこの島は、化石燃料の段階的廃止を支援するための、東京の約束のための最も大きく、最も論争の的に試験の一つです。

バングラデシュは、日本の国際協力団(Japan International Cooperation Agency)の低利融資のおかげで、現在2024年の完工を目標にするマタバリ(Matarbari)石炭火力発電所を建設しています。 -Matarbari Phase 2として知られて古いプロジェクト – 今年の初めにも、バングラデシュと協力して、エネルギー経済の「低炭素またはゼロ炭素変換を促進する “こととバルヒョトウムもかかわらず。

Matarbari工場をめぐるこのような論争は、日本の化石燃料政策の緊張を実装します。 発展途上国の石炭火力発電のための資金調達は、国内外での再生可能エネルギーを促進しようとする動きに足合わせない危険性があります。

海面上昇と不規則な降雨などの気候変動の影響に非常に脆弱な低地国であるバングラデシュのではシェイクハシナ首相、政府がエネルギー需要を満たすために、石炭をサポートしています。

しかし、再生可能な代替がより手頃な価格になるにつれMatarbariのような超大型プロジェクトのための公式の熱意は弱まっています。 ハシナ政府は先月計画していた石炭火力発電所10個を廃棄した。 議論になっているMatarbari Phase 2プロジェクトが正式に含まれていなかったが、アナリストは、それがより多くの実行可能性が低く見えると言います。

“今、 [Bangladesh’s] 焦点は、より親和再生可能で、 [it] 米国のシンクタンクであるIEEFA(エネルギー経済財務分析研究所)のアナリスト、サイモンニコラスは「石炭産業石炭から遠ざかるようだ」と話した。 「それは何よりも経済的です。 ” バングラデシュは20年以内に電力の40%を再生可能エネルギーで生産することを望んで明らかにした。

昨日のポリシー

日本は50年前に、南アジアの国の独立までさかのぼるパートナーシップであるバングラデシュのインフラに長い間投資してきました。 しかしMatarbari部隊のJICAの支援は、深刻な非難に直面しています。

このプロジェクトに反対するバングラデシュの対外債務に関する実務グループの活動家であるHasan Mehediは「日本は他の国の石炭に投資する権利がありません。日本は炭素排出ゼロを保証する責任があります。日本は、「お金を稼ぐている。。。汚染を他の国に移動段階的にきれいになることができます。」とMehediは言います。

日本国内でも海外石炭火力発電所のサポートが時代錯誤という認識が遅れて現れている。

最近まで石炭火力ボイラーとタービンを供給しているメーカーは、国が支援しなければなら一種の国家戦略産業として考えられた。 今石炭未来がほとんどないことに気づきました。 これは、日本が海外の新規石炭プロジェクトの推定を採用した、昨年の政策の大きな変化を引き起こしました。 銀行は、石炭の資金調達が国際非難を受ける価値があるのか​​疑問を持ち始めました。

「日本の産業が石炭火力発電所を輸出する可能性はほとんどありません。 彼女は「ほぼすべての日本の銀行が今、海外の新規石炭火力発電所の資金をサポートしていないと言いました。」と付け加えました。

日本の公式政策について若干の曖昧さがあるが、(海外石炭プロジェクトの明確な禁止はまだありません)政府は、先月、英国で行われたG7サミットで最も強力な約束をしました。 2021年末までに、海外(つまり、生産する二酸化炭素を捕集していない植物)。

そのため、Matarbari Phase 2を含むいくつかのパイプラインプロジェクトが無人の地に残るました。 彼らは今、公式政策に反対が約束がなされました。 JICAは準備調査が続いていると言います。

誰の利益を受けますか?

バングラデシュの二番目に大きい都市Chattogramから約40マイル離れたMatarbariプロジェクトに対する現地の態度は二極化されています。

このレポートの多くの話

支持者は雇用創出の可能性を掲げたが、批評家は住民を移住させて、隣接する鼻ヘルリア川を汚染させる非難します。 環境団体、バングラデシュポリベッツィないドルロンのシャリフジャミルは、地域住民が建設請負業者が、外部の地域から労働者を連れて来ていると文句を言うと言いました。 彼らは「この地域が、シンガポールのように発展することを望んだ」と述べた。 「しかし、今の神話は消えました。 “

IEEFAのNicholasは、これらのプロジェクトは、現在、約40%の電力システム活用で、バングラデシュの電力過剰容量を悪化させると主張します。 彼の代わりに国が既存の電力供給をよりよく活用して再生可能エネルギーの目標を達成するために、グリッドをアップグレードする必要があると思います。

「最近まで、バングラデシュは、海上ヨルタンの主要な成長市場の一つとして期待されています」と彼は言う。 「日本、韓国、中国がヨルタン収入から離れるに従って交換する必要がアジア周辺の潜在的な成長市場がますます石炭産業を失望させることになります。」

Robin Hardingの追加レポート

READ  中国との経済と貿易の問題のために、日本の最近の計画

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close