日本、バーレーン破りワールドカップ予選仕上げ

Estimated read time 1 min read

日本は日曜日の2023 FIBA​​バスケットボールワールドカップアジア予選最終戦でバーレーンを95-72に破った。

8月25日からフィリピン、インドネシアと共にワールドカップを共同開催する日本は、ジョシュア・ホーキンソンが22得点、スダ・ユタロが20得点で先頭を走っている。

日本は群馬県の高崎アリーナで行われた試合で、両チームとも22点を獲得した3回を除き、毎四半期バーレーンをリードして先頭を走っていました。

日本の川村由紀(33)が2023年2月26日、日本の高崎の高崎アリーナで行われたFIBAバスケットボールワールドカップアジア地域予選バーレーンとの試合で、バーレーンとの試合でバスケットに移動する。 (刑務所)

Guard Mustafa Rashedは、月曜日に終了するアジア予選の第2回戦ですでに脱落しているバーレーンで15得点を記録しました。

開催国として32チームが参加するワールドカップ進出権を保障されたTom Hovasse監督の日本は、F組で7勝5敗で3位を記録しました。

東京オリンピック銅メダリストオーストラリアが2位中国、日本、4位イランと共にワールドカップ本選進出権を確保し、1位を占めました。 レバノン、ニュージーランド、フィリピン、ヨルダンがアジア予選E組で進出した。


関連プレス:

バスケットボール:日本がイランを96-61に破り、ワールドカップシーズンを開幕

バスケットボール:日本のワールドカップ希望を背負った八村、渡辺


READ  NBAスターRui Hachimura、開幕式で国のパレードで日本を導く - NBC Chicago
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours