トップニュース

日本、パラリンピックに学生を連れて行った教師からコロナ19感染発見

2021年8月16日、日本の東京でコロナウイルス感染症(COVID-19)が流行する中一人の少女が2020東京パラリンピックゲームのロゴとオリンピックリングを通り過ぎています。 REUTERS / Athit Perawongmetha

東京、8月30日(ロイター) – 日本がパラリンピックを観戦するために学生を伴った教師2人のコロナ19感染が確認された後、今週の残り週間東部千葉市で学校を閉鎖した時に、管理が語った。 。

先週の水曜日ゴルボル試合のために、18人の学生2台のバスに乗って旅した後、日曜日まで病気について陽性反応を示した貝塚中学校の教師6人のうち二人が含まれていた時の教育委員会の関係者は言った。

パラリンピックは8月24日から9月5日までに、ほとんどの観客なく進行される予定です。 千葉とオリンピック開催都市東京を含む日本の多くの地域が病気の抑制を目的と緊急事態に置かれているからです。

しかし、主催者側は、安全対策を以下の通り、保護者の同意を受けるた学校の子供たちがイベントに参加するように市当局に要請しました。 続きを読む

学校の教師の一人旅二日前に熱が出ると見た後、8月26日から日曜日まで、いくつかの追加の症状が報告され陽性反応を見せた関係者は、ロイターに言いました。

市で運営する他の学校と同じように、月曜日に秋学期を開始する予定だった学校が、少なくとも今週まで休校すると関係者は付け加えた。

市は、夏の休暇中に感染教師と接触した学生120人をはじめ、教職員等を対象に、PCR検査を実施する予定である。

市は、適切な安全措置を講じながらパラリンピック訪問を続けると言いました。

ギムチャンラン記者; クラレンス・フェルナンデス編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本軍、年間火力訓練実施

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close