トップニュース

日本、パラリンピック決勝金メダルを追加取得

日本は東京パラリンピックの最終日マラソンとバドミントンで金メダルを獲得しました。

マラソンイベントは東京の中心部を通過する経路に沿ってながら多くの都市のランドマークを通過しました。 真夏の暑さを避けるために、オリンピックのマラソン大会の場所を北札幌に移した。

日本の道試打美里(Michishita Misato)が視覚障害を持つ女子選手のレースで金メダルを取った。 彼女は25km地点で先頭を占め、すぐに離脱しました。 彼女は最も近い競争相手よりも3分以上速い3時間で完走しました。

一方、スイスのMarcel Hugは男子車椅子マラソンで優勝しました。 彼は2016年にリオ五輪でも金メダルを取った。 Hugは東京で4番目の金メダルを取ったし800m、1500m、5000mレースでも優勝しました。

パラリンピック主催側はファンにコロナウイルス緊急事態を尊重し、自宅で見守るよう呼びかけました。 しかし、リクエストにもかかわらず、いくつかの場所では、群衆がありました。

女性は「オリンピックを見ることができる最後のチャンスと、ここまで来た」と述べた。 「マスク書いて言わないしようとした “

日本のメダルラッシュはバドミントンでも続いた。 車椅子の選手梶原大樹(Kajiwara Daiki)が男子シングルスで世界1位の韓国のギムジョンジュンを破って金メダルを取った。

さとみサリナと山崎ユマが女子ダブルスでは、中国の相手選手を破って金メダルを獲得した。 Satomiはまた、ゲームの初期に絶食金メダルを獲得しました。

13日間のパラリンピックは午後に国立競技場で開かれる閉会式で幕を閉じます。 今回のイベントのテーマは「調和のとれた不協和音」です。 主催者側は、この概念が多様性を認めて違いを統合的に変えようとする熱望からインスピレーションを得たと言います。

READ  対象日本:オリンピック重量挙げ選手は、東京のノックスビルを代表します。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close