日本、パリオリンピックメダル集計6位予想

0 min read

パリオリンピックを1カ月控えた日本は、東京オリンピックより12個少ない46個のメダルで全体6位を記録すると、スポーツデータ会社のグレイスノートが見通した。

最近の仮想メダル順位予測によると、米国が金メダル37個、銀メダル34個、銅メダル52個で合計123個で1位を占め、中国(87個)、イギリス(62個)、開催国フランス(56個)が続いた。 、オーストラリア(48)、その後日本。

日本は16種目から金メダル12個、銀メダル13個、銅メダル21個を獲得すると予想される。 これは東京オリンピックの21個より減ったものだ。 3年前、日本はコロナ19事態により1年延期された後に開かれた自国オリンピックで金メダル27個で国内最多金メダルを獲得した。

体操選手の橋本大樹、柔道選手の阿部ひふみ、レスリング選手のすさきゆい、藤波あかり、櫻井塚が、表彰台の上に登ると予想されます。 橋本は東京大会に続き、男子総合と団体戦を含めて3つの金メダルを獲得すると予想される。

昨年の東京オリンピック以降、主要大会成績データを基盤とした統計モデルである仮想メダルテーブルは、開幕式(7月26日)を3日ほど控えて再度更新される。

一部団体展は開幕式前から始まり、大会は8月11日まで行われる。

日本はパリオリンピックで金メダル20個を含めて55個のメダルを目指していると、大分三木日本オリンピック委員会事務総長兼パリオリンピック代表団団長が水曜日明らかにした。 非開催国として韓国が獲得した最多金メダルは2004年アテネオリンピックで16個です。

日本は約400人の選手団をパリに派遣する準備をしているが、これは日本以外の地域で開催されるオリンピックでは最大規模の代表団となるだろう。

日本オリンピック代表団の送風式が7月5日に行われる。

READ  中国の陸上選手、東京オリンピックで歴史を撫で
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours