日本、パリオリンピック金メダル12個獲得予想

1 min read

スポーツ


ロンドン、6月26日(支持プレス) – アメリカのデータ会社グレースノート(Gracenote Inc.)は26日、日本が2024年パリオリンピックで金メダルを12個獲得すると予想した。 これは2021年東京オリンピックの27金メダルより大きく減ったものだ。

パリでは日本が銀メダル13個、銅メダル21個を獲得しました。 予想される総メダル数は2021年58個から46個に減少し、歴代最高数値で国家・地域別共同6位を記録した。 パリオリンピックは7月26日から8月11日まで開かれる予定だ。

男子体操では、橋本大樹が個人総合や鉄棒大会で2回連続優勝を占めるなど、日本が総合団体戦で金メダルを獲得すると期待している。

柔道混成団体戦では日本が1位を占めると予想され、安倍ヒフミが男子66kg級で2回目の連続オリンピック優勝を占めると予想されます。

女子レスリングでは50kg級でスサキ結衣が自分のタイトルを守る姿が見られ、53kg級では藤波あかり、57kg級では桜井塚が初オリンピック金メダルを獲得すると予想されます。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

サポートプレス

READ  ゴールキーパー問題が日本のアジアカップ希望を脅かす
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours