経済

日本、ファンのないオリンピック深化に東京にCOVID-19緊急宣言

コロナウイルス(COVID-19)が流行している中で、顔面の保護マスクを着用した乗客が2021年6月13日、東京の羽田空港を歩いていきます。 REUTERS / Androniki Christodoulou

  • すでに遅延試合から除外された外国人の観客
  • 観客を議論するために木曜日か金曜日に会う主催者
  • ウイルスの制限、決定に影響を与える世論

日本がコロナ19感染症の新たな波を防ぐために、オリンピックの開催を通じて運営される東京に非常事態を宣言する予定だと主な長官が木曜日発表した。 ゲームのすべての観客。

医療顧問の専門家たちは、数千人の運動選手と管理が流入して、新しい感染症の波を起こすことに普及して懸念の中で、オリンピックに観衆がないことが最も危険な選択になるだろうと、数週間ました。

主催者側は、すでに海外の観客を禁止しており、現在、国内の観客を50%、最大10,000人までの上限に設定しました。 観客の制限を確定するための協議は木曜日か金曜日に予定されています。

今回の会談は、国際オリンピック委員会(IOC)会長のトーマス・バッハが主宰し、木曜日東京に到着し、準備の最終段階を監督します。

日本政府のコロナウイルスに対応責任者である西村康豊島、日本経済大臣は、東京で緊急事態が7月12日に開始され、8月22日まで行われる予定だと述べた。

オリンピックは7月23日から8月8日まで開催される予定である。

東京感染増加

今回の決定は、現在、東京でやや厳しい」準備上の事態」縁石の下にある新しい毎日の感染が水曜日に920件に増加し、5月中旬以降の最高水準の後に出てきたのです。

強化された制限に基づいて、レストランはお酒の提供を中断しなければならないと西村は言った。

このような措置は、木曜日遅く策定される予定であり、引き続き菅義偉首相の記者会見が続く予定です。

千葉、神奈川などのいくつかのオリンピックイベントが開催される予定の東京地域は8月22日までに、「準備賞事態 “の状態に維持される予定です。

主催者側は、水曜日のオリンピックスポンサーに東京が緊急事態に直面すると観衆がないか、5,000人の観客の制限を設定する2つのシナリオを予想すると水曜日のオリンピックスポンサーに語った。

無観客シナリオでは、すべてのスポーツの開会式と閉会式はスポンサーに割り当てられたチケットを含むファンなしで進む可能性が高いと主催者側は、オンライン会議で会社に語った。

観客数が競技場ごとに5,000人に制限されると、オリンピックスポンサーに割り当てられたチケットが半分に減っあり、主催者は、午後9時以降のすべてのセッションが観客なく上映されることが予想と消息筋は伝えた。

組織委員会は、意見を求める電子メールにすぐに答えていない。

今週までの関係者は、いくつかの観客と一緒に安全にオリンピックを組織することができると主張したが、日曜日に行われた東京議会選挙で与党が敗北してシュガーの一部の同盟国がオリンピックの大衆の怒りを呼び起こした。 消息筋が語った。

日本は今年末の総選挙を行う予定であり、昨年の全世界的にウイルスが拡散され、延期されたオリンピックは、今年行わなければならないという政府の主張は、投票箱にコストがかかることがある彼らは言った。

Rocky SwiftとEimi Yamamitsuの追加レポート; Muralikumar AnantharamanとLincoln Feastの編集。

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  トヨタの3月の世界の自動車販売、米国と中国の回復記録

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close