経済

日本、フィジー、中国の影響力の懸念の中で関係強化を確認

東京(刑務所) – 日本とフィジーが最近、中国とソロモン諸島間の安保協定に対する懸念を共有しながら、太平洋地域の平和と安定のため緊密に協力すると土曜日確認したと日本政府が明らかにした。

フィジー首都スバで開かれた会談で、林吉正日本外務相と外務長官を兼任するボレケ・バイニマラマフィジー首相は、中国の軍事的、経済的影響力が増大する中、「自由で開放されたインド・太平洋」実現の目標を確認した。 地域。

日本の外務省は声明で、林首相はまたロシアのウクライナ軍事的侵略を強く糾弾し、国際秩序の基盤を揺さぶり、基本価値を共有する国家が団結することが重要だと話したと伝えた。

林長官が日曜日からフィジーとパラオの太平洋島々を訪問することは、先月、中国が南西太平洋のソロモン諸島と安保協定を締結したと発表した後に行われ、この地域で中国の軍事的影響力拡大に対する懸念を生んでいる。

中国とソロモン諸島間の協定により、中国政府は細部が不明であるが、この島に軍隊と桟橋船を配置できることが分かった。

その日午後、林はスバで太平洋諸島フォーラム事務総長であり、クック諸島前受賞だったヘンリー・フナに会った。 フィジーは18人で構成された地域機関の現在の議長です。

林は日曜日にパラオで政治指導者たちと会談をする予定だ。

READ  [미국 시황]反発、小型株が好調 - ドル指数は2年ぶり低水準 - Bloomberg

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close