日本、フィリピン、アメリカ、「危険な」南シナ海対策について中国を非難政治ニュース

Estimated read time 1 min read

ワシントンDCで開かれた会議で、日本、フィリピン、アメリカの指導者たちは、海洋法の遵守の重要性を強調した。

日本、フィリピン、アメリカの指導者たちは、紛争中の南シナ海で中国の行動について「深刻な懸念」を表明しました。

中国は近年、戦略的水路での活動を強化し、特に海岸周辺の海の一部を主張するいくつかの東南アジア諸国の一つであるフィリピンとの緊張が高まっています。

先月、フェルディナンド・マルコス・フィリピン大統領は、セカンド・トーマス・ショールとの対決で、フィリピンの兵士が怪我をして船が損傷した後、マニラは中国に対する対応措置を取ると述べた。

「私たちは中華人民共和国の状況について深刻な懸念を表明しています。 [PRC] 三首脳はワシントンDCで開かれた史上初の韓中首脳会談が終わった後、共同声明を通じて「南シナ海で危険で攻撃的な行動をしている」と明らかにした。

中国は、2016年に国際裁判所で棄却された、いわゆる9断線に基づき、南シナ海でほぼ全体に対して領有権を主張しています。

フィリピンだけでなく、ブルネイ、マレーシア、ベトナムも海の一部を主張しています。

声明は「排他的経済水域内国家の主権を尊重することが重要だ」と強調した。 [EEZ] 1982年国連海洋法条約に反映された国際法と一致します。 [UNCLOS]」。

また、中国が「南シナ海で海岸警備隊と海洋民兵隊船舶を危険かつ強圧的に使用すること」に対する3国の反対を重ね強調しました。

フィリピンでアユンギン(Ayungin)として知られている2番目のトーマス礁(Thomas Shoal)は、ここ数ヶ月間北京とマニラの間に何度も対峙した場所であり、中国の海岸警備隊は故意に停泊したシエラ・マドレ(Sierra Madre)号に居住するフィリピンの船員派遣隊を再補給する船舶には、水の大砲を使用しました。

UNCLOSによると、このサンゴ礁はフィリピンの西パラワン島から約200km、フィリピンのEEZ内に位置しています。

中国南部海南島から1,000km以上です。

READ  日本、アメリカ、複数の脅威に直面した同盟の近代化競争
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours