日本、フィリピンでM7.7地震発生後の津波警報発令

Estimated read time 1 min read

日本気象庁は、フィリピン南部のミンダナオ島で規模7.7の地震が発生した後、土曜日遅くに千葉県、静岡県、鹿児島県など太平洋に面した広い地域に津波警報を発令しました。

日本時間で午後11時37分に発生した地震により、フィリピン・ダバオで8センチメートルの津波が観測されたと、日本の気象庁関係者が日曜日午前、東京で開かれた記者会見で明らかにしました。

フィリピン火山地震学研究所は、スリガオデルスール(Surigao del Sur)沿岸地域とダバオオリエンタル(Davao Oriental)地方にも津波警報が発令されたと明らかにした。 地元の住民は高い場所に避難するよう指示された。

日本の場合、日曜日早朝1m高さの津波が宮古島や沖縄県近隣地域をはじめ、愛知県、三重県、和歌山県、徳島県、高知県、宮崎県など他の県に到達できると同機関は明らかにしました。

両国で怪我や被害についての即時報告はありませんでした。

研究所は今回の地震の規模を6.9と規定しながらも「生命を脅かす波高で破壊的な津波が予想される」と警告した。

米国地質調査局(US Geological Survey)によると、今回の地震はミンダナオ東部海岸で発生し、深さは32.8kmだ。

日本機関は警報の対象となる他の地域には、東京近隣伊豆諸島と日本首都南太平洋の小笠原諸島も含まれると明らかにしました。

日本とフィリピン当局は、津波警報が解除されるまで海岸に留まらないように大衆に警告しました。


関連プレス:

地震警報


READ  JETRO、アメリカプレミアアクセラレータとのパートナーシップを締結
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours