経済

日本、フィリピン廃棄物管理支援

マニラ、フィリピン – 日本政府は、公衆衛生と環境への脅威が悪化し続けるにつれて、適切な廃棄物処理を促進するためにフィリピンと協力しました。

日本国際協力団(JICA)、日本の両者間援助機構、国家固形廃棄物管理委員会(NSWMC)は、地方自治体が使用する廃棄物の正確な特性化のための指針を設けるよう努めている。

WACS(廃棄物分析および特性評価研究)マニュアルは、日本環境省が開発しました。

マニュアルは、LGUが廃棄物削減および管理プログラムを作成および実行するためのガイダンスになるように、廃棄物の特性評価のための技術基準を設定します。

JICAフィリピンの上級代表であるYo Ebisawaは、固形廃棄物管理プログラムを実施するには深刻な政策投資が必要であると述べた。

「しかし、循環経済を促進し、固形廃棄物を効果的に管理するための影響を考えると、固形廃棄物管理へのこれらの投資は確かに価値があります」と彼は言いました。

政府のデータによると、生分解性廃棄物は発生する全国廃棄物の52%を占めています。

一人当たりの平均廃棄物発生率は1日約0.40kgです。

JICAは、フィリピン人口の増加を考慮すると、フィリピンの総廃棄物量がさらに増加すると予想しており、これは不適切な固形廃棄物管理が深刻な健康と環境の結果につながる可能性があることを示している。

アジア開発銀行研究所(ADBI)は、先にフィリピンがおそらく「想像できない規模」の廃棄物危機に直面していると述べた。

この国は年間270万トンのプラスチック廃棄物を生産しており、このうち収集されたプラスチック廃棄物の17%と回収されていない廃棄物の31%が海に漏れています。

政府の予測によると、生成された廃棄物は2020年の2,140万MTから2025年までに2,360万MTに達するでしょう。

固形廃棄物管理の支援に加えて、JICAは森林管理、沿岸保存、水質改善、下水管理、リサイクル技術に対する日本の革新の共有など、フィリピンでの環境保存と管理のための取り組みを持っています。

READ  [Speaking Out] Toshiba:国家安全保障問題と企業ガバナンスを混在させないでください。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close