経済

日本、フィリピン石炭発電所の廃棄に12億6千万ドル投入

Louise Maureen Simeon – フィリピンのスター

2021年11月5日| 12:00am

マニラ、フィリピン – 日本政府は、炭素排出量を削減するために、フィリピンとインドネシアの石炭火力発電所を購入し、運用停止を加速する計画を支援するために、2,500万ドル(12億6,000万ドル)の補助金を約束しました。

補助金はアジア開発銀行が主導するエネルギー転換メカニズム(ETM)に伝達される予定であり、両東南アジア諸国で実証運営されています。

また、炭素削減基金とクリーンエネルギー基金で構成されるETMの最初の種子資金調達でもあります。 第一は、石炭火力発電資産の早期退職を奨励する混合金融メカニズムを提供することであり、後者は再生可能電力の成長と拡大に投資することを目指しています。

ADBの小川麻川氏は、フィリピンとインドネシアが地域のエネルギーミックスから石炭を除去する過程でパイオニアになる可能性があると述べた。

これは、世界中の温室効果ガス排出量を削減し、経済を低炭素成長経路に転換するのにかなりの貢献をします。 アジア太平洋地域は石炭火力発電に大きく依存してきました。

Masato Kanda日本財務大臣は、ETMが石炭からクリーンエネルギーへの円滑な移行を促進する一方で、安価で安定したエネルギーへの普遍的なアプローチを確保する上で重要な役割を果たすと述べた。

Kandaは、「私たちの補助金の寄付は、はるかに多くの寄付と民間投資を誘致するシードマネーになり、インドネシアやフィリピンを含む重要なパートナーとの成功した転換を達成できるようにします」と述べました。

Carlos Dominguez財務大臣は、フィリピンのクリーンエネルギー転換が雇用を創出し、国家の成長を促進し、世界の排出量を下げると述べた。

パートナーシップに基づき、ADBと関連国は、それぞれの最適なビジネスモデルに焦点を当てた妥当性調査を実施し、大量の商業資本を活用して、脱炭素化に向けた決定的な転換を促します。

この地域のエネルギー需要は9年以内に2倍に増加すると予想され、東南アジアは新規石炭火力発電所の建設に最も積極的です。

フィリピンでは、国の発電電力のほぼ60%が石炭から出てきます。 政府は最近、新規石炭火力発電所に対するモラトリアムを宣言する計画を発表した。

パイロット段階では、ETMは代替クリーンエネルギーオプションへの投資を促進しながら、インドネシアとフィリピンの5〜7つの石炭発電所の廃棄を加速するために必要な財政資源を増やします。

インドネシア、フィリピン、ベトナムでETMを全面拡大し、今後10~15年間、石炭艦隊の50%または約30ギガワットを廃棄することを目指しています。

これにより、年間2億トンのCO2排出量を削減できます。これは、道路から6,100万台の自動車を取り除くのと同じであり、ETMを世界最大の炭素削減プログラムにする可能性があります。

READ  日本のオリンピックの安全保障のバランス法:満足している人はほとんどいない

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close