日本、フランス、ドイツ、レールガンの技術開発に協力

1 min read

2024年5月30日、日本、フランス、ドイツの国防当局は、「レールガン技術協力のための実装ガイドライン」に署名し、高度な武器システムに対する国際協力に重要な進展を遂げました。 日本 ATLA (Acquisition Technology & Logistics Agency) 発表 Xでは、レールガンの技術開発において協力機会を模索することを目指すフランスおよびドイツとの協力に対する委任事項(TOR)が結論を下しました。
このリンクからGoogleニュースのArmy Recognitionをフォローしてください。

これは日本が2023年に試験している40mm口径レールガンのプロトタイプだ。 (写真ソース: アトラ)

日本防衛省は、高速発射体の使用を通じて軍事力の画期的な飛躍を意味するレールガン技術の迅速な配置を積極的に推進しています。 最近、ATLAは、レールガンの開発に関するアメリカの専門知識を活用するために、米海軍に労働力を派遣し、この技術の実際の適用を加速しました。 以前に日本は毎秒2,230メートル(マッハ6.5)の初期速度で320g発射体を発射できる中型レールガンを開発しており、120発以上の耐久性と5MJの充電エネルギーを備え、20MJを目指し、未来発展を目指し、あります。 エネルギーを充電してください。

フランスとドイツはサンルイ研究所(ISL)を通じてレールガン技術を研究している。 日本との三者協定により、これらの国は動力源、レールガン、極超音速発射体に関する専門知識を組み合わせることができるようになります。 ISLは1回の日本製射撃で5発を発射し、100g発射体をマッハ7.35の速度で加速できるRAFIRAという25mmレールガンプロトタイプを開発中です。 このプロトタイプはレールガンを対空防御兵器として活用する研究のためのテストモデルだ。

レールガン計画は、空中および海上の脅威に対する防御能力を強化するための日本の広範な戦略の一部です。 日本国防総省は過去10年間、レールガン技術の基礎研究を行ってきました。 日本の関係者は、以前に米海軍と陸軍のためのレールガンプロジェクトに参加していたBAEシステムズ(BAE Systems)、ジェネラルアトミックス(General Atomics)などの会社と議論を行いました。

レールガンはかなりの電力を必要とし、かなりの熱を発生させるので、極端な電磁力の下でエネルギー要件や構造的完全性などの技術的課題を提起します。 これらの課題にもかかわらず、ミサイル防衛や長距離攻撃能力を含むレールガンの潜在的なアプリケーションは広範囲です。 日本、フランス、ドイツ間の協力は、これらの障害を克服し、この将来の技術を作戦の配置に近づけることを目指しています。

日本は、三者協定に加えて、防衛力を強化するために、米国を含む他の国々とのパートナーシップを模索し続けています。 国際防衛協力に対する日本の積極的な姿勢は、特に中国と北朝鮮の脅威に直面し、新たな脅威に対処し、軍事技術を発展させようとする日本の意志を反映しています。

READ  噂:「スイッチ2」は、より大きな1080p画面と完全に下位互換性があると言われています。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours