日本、フロッピーディスク退治作戦で勝利宣言

1 min read
日本、フロッピーディスク退治作戦で勝利宣言

日本、フロッピーディスク退治作戦で勝利宣言

  • デジタル部長官の野太郎は、フロッピーディスクの使用を要求する規則が廃止されたと宣言しました。
  • コノの目標は、ファックス機を含む古い技術を排除することです。
  • 日本は技術強国であるにもかかわらず、変化に対する抵抗のためにグローバルデジタルイノベーションに遅れています。

先月まで、人々はフロッピーディスクが古いにもかかわらず、1,000を超える規制のためにフロッピーディスクを使用して政府に文書を提出しなければなりませんでした。 しかし、2024年現在、日本はついにフロッピーディスクにさよならを言いました。

デジタル長官太郎五郎は、フロッピーディスクの使用を求めるルールがついに廃止されたと発表した。 2021年、河野氏はフロッピーディスクに「戦争を宣言」しました。 ほぼ3年後の水曜日に、彼は「私たちはフロッピーディスクとの戦争で勝利しました!」と宣言しました。

河野氏は就任後、古い技術を取り除くことを目指しました。 彼は以前に「ファックス機を取り除く」という意図を明らかにした。 かつて技術強国と考えられてきたにもかかわらず、日本は近年の変化に対する強い抵抗のため、デジタルイノベーションの世界的な流れに遅れています。

たとえば、職場では電子メールよりもファックス機を好み続け、政府のオフィスからこれらの機械を取り外そうとする以前の計画は反発のためキャンセルされました。 この発表は日本のソーシャルメディアで広範な議論を呼び起こし、X(旧名称Twitter)のあるユーザーはフロッピーディスクを「時代に劣った行政部の象徴」と呼びました。

「政府はまだフロッピーディスクを使っていますか?あまりにも古くなっています。 Xに登場した別のコメントです。

他のコメントはより香水的でした。 あるユーザーは、「フロッピーディスクがオークションサイトに登場し始めるのだろうか?」と書いています。

1960年代に発明された正方形のフロッピーディスクは、1990年代により効率的なストレージソリューションが登場し、流行から外れました。 3.5インチフロッピーディスクは1.44MBのデータしか保存できませんでした。 32GBの情報を保存する最新のメモリースティックの記憶容量に合わせるには、22,000台以上のディスクが必要です。

ディスクの最後のメーカーだったソニーは2011年に生産を中止しました。 官僚組織をデジタル化しようとする遅いキャンペーンの一環として、日本は2021年9月に河野氏が率いるデジタルエージェンシーを発足させました。

地域の新聞によると、多くの日本企業が政府の段階的廃止努力にもかかわらず、まだハンコラの刻印された個人塗装を使用して公式文書を保証することにこだわっているという。 この報道によると、このような塗装から抜け出す遷移は「氷河速度」で進んでいる。

2019年にこの国の最後のポケットベルプロバイダーはサービスを終了しましたが、最後の個人加入者はこれがNomoが最も好むコミュニケーション手段だったと説明しました。

READ  2024年まで、アジア/太平洋*で最も成功した企業の50%が、より意味のある方法でカーボンフットプリントを捉えて報告します。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours