エンターテインメント

日本、ブラインドサッカーのワールドグランプリで2連勝

日本は国際視覚障害者スポーツ連盟(IBSA)品川で開催された視覚障害者サッカーの世界グランプリで2年連続優勝を獲得した。

開催国は昨日、フランスとの1-0の勝利にトーナメントを完全に開始しました。

日本チームは、今日のラウンドロビンの段階で2番目の戦いで、タイを1-0の勝利を収めました。

日本は現在、明日のヨーロッパチャンピオンのスペインと対戦する予定であり、決勝進出のために、世界とパラリンピック銀メダリスト、アルゼンチンとの出会いを控えている。

アルゼンチンは開幕日にチームが出演していないし、キャンペーンを正常に開始しました。

アルゼンチンのチームは今日、フランスに1-0で勝利。

フランスは現在、連続的に敗北しました。

アルゼンチンは明日の第二ラウンドロビンの試合でタイと対戦します。

ブラインドサッカーのグランプリは、2019年11月以降の最初のIBSAの承認大会で東京2020の8つのチームのうち5チームが参加します。

チームは6月5日に開かれる予定の決勝戦を受ける最高ランクの両方のチームと一緒にラウンドロビン形式で競争しています。

COVID-19拡散防止のための主催者の措置の一環として、イベントに観客がありません。

菅義偉日本の首相がCOVID-19事例の増加により、6月20日までに、厳格な措置を延長することに合意した後、東京は緊急事態に直面しています。

READ  ゲームクリエイティブヘッドはコメントに辞任

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close