経済

日本、ブルーカラー外国人労働者の無期限滞在を検討労働権

東京は急速な高齢化の中で外国人労働に対する規制を緩和するよう努めています。

法務部の関係者は、木曜日に日本が移民者に長い間閉鎖された国家に対する重大な変化の一環として、特定のブルーカラー職業の外国人に至ると、2022年度から無期限滞在を可能にする方案を模索していると明らかにしました。

2019年から施行された法律によると、農業、建設、衛生など14分野の「特定機能労働者」カテゴリーは家族なしで最大5年まで滞在することができる。

政府は、企業がそのような支援を雇うことを躊躇する理由で、これらの制限を緩和するために努力してきた。

改正案が発効すれば、ベトナムと中国から来た多くの労働者がビザを無期限に更新し、家族を同伴できるようになる。

大量移民は、歴史的に均質な日本で敏感なテーマです。 [File: Kiichiro Sato/AP Photo]

日本では、移民は多くの民族的均質性を重視しているため、長い間タブー視されてきましたが、人口減少と高齢化による深刻な労働力不足により国境を開放しなければならない圧力が高まりました。

メンズ市広姫シンク理事長は「人口減少がより深刻な問題になり、日本が海外労働者に良い選択になることを望むならば、日本が彼らを歓迎する適切な構造を備えていることを伝えなければならない」と話した。 タンク日本国際交流センターはロイター通信に語った。

政府データによると、2019年の法律は5年にわたって約345,000人の「指定された機能労働者」を誘致することになっていましたが、COVID-19感染症が国境を封鎖する前は月間約3,000人を収容しました。

2020年末基準で日本は全人口1億2,580万人のうち172万人を収容しており、これは労働人口の約2.5%に相当する。

READ  シェフのロンドンホーム、西アフリカ、日本およびスカンジナビアの影響をマージ| インテリア

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close