トップニュース

日本、ブースターショットを素早く処理し、島防衛を強化 – PM Kishida

日本の岸田文夫首相は、月曜日、日本がコロナ19ワクチン追加接種を最大2ヶ月早めると述べた。

岸田首相は、議会政策演説で日本が台湾近隣の南西部島周辺の防衛力を強化し、北朝鮮のミサイル技術が著しく向上することを黙認してはならないと話した。 今年後半には参院選が予定されているため、感染症を抑えることは岸田にとって非常に重要です。 彼の前任者である菅吉秀は、COVID-19が急増し、有権者の支持が崩壊した後、昨年辞任した。

首相は定期国会開会演説で「岸田行政府はコロナウイルス対応に最優先順位を置いている」と話した。 3月から高齢者は2次接種後6ヶ月以降に接種を元々計画していた8ヶ月から6ヶ月とし、その他成人の場合は1~2ヶ月間隔で短縮する」と話した。

オックスフォード大学のOur World in Dataプロジェクトによると、日本人の1%未満がブースター注射を受けました。 これはイギリスの53%とアメリカの24%にはるかに劣ります。 岸田首相は、今後の大変な戦いを強調し、感染症退治のための国民の支援を要請しました。

彼は「この見えない敵が予想より強いことをもう一度思い出させなければならない」と話した。 「恐れが私たちを支配しないように、専門家に諮問を求めながら、最近の調査結果に基づいて落ち着いて対応していく」と話した。 島防衛

安保戦線で岸田首相は、日本の4つの主要島のうち、最南端の九州から台湾まで続く南西島をよりよく保護するために、日本の島防衛能力を強化する計画だと述べた。 習近平中国国家主席が民主的に統治する島に対する台湾の領有権主張を主張し、台湾をめぐる緊張が高まっている。

安倍晋三元首相は先月、台湾に対する緊急事態は日本と日本の米国安保同盟に緊急事態を意味すると述べた。 岸田首相はまた、日本は北朝鮮のミサイル発射に対して断固としていると述べた。

彼は「北朝鮮の重ねられた弾道ミサイル発射は決して容認できず、ミサイル技術の著しい発展を黙認してはならない」と話した。 北朝鮮は今年、異例の速い武器実験を通して一連の弾道ミサイルを発射した。

(このストーリーはDevdiscourseの従業員によって編集されておらず、シンジケートフィードから自動的に生成されます。)

READ  アジアチャンピオンズトロフィーホッケー2021準決勝、インド対日本ライブスコア:インド0-2日本

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close