日本、プーチンの北核協定に「深刻な懸念」

1 min read

2023年6月2日、日本東京で開かれた記者会見で林吉正日本政府スポークスマンが演説している。 AP-連合

日本政府の広報担当者は、木曜日のウラジミール・プーチンロシア大統領が孤立した国を訪問し、北朝鮮と締結した協定によって軍事および技術協力を排除しなかったことについて「深刻に懸念している」と明らかにしました。

プーチン大統領は水曜日、平壌で開かれた金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長との首脳会談で攻撃を受ければお互いを助けるという約束を含む戦略条約を締結しました。

プーチン大統領は北朝鮮の公式名称を使って「今日締結された条約と関連してロシアは北朝鮮との軍事技術協力を排除しない」と話した。

しかし、日本政府のスポークスマンである林正正は、定例説明会で記者たちに、この種の協力は「私たちの国と地域を取り巻く安全保障環境への影響の点で、関連国連安全保障理事会決議に直接違反する可能性がある」と述べた。

彼は「日本はプーチン大統領が北朝鮮との軍事・技術協力を排除しなかったという事実について深刻に懸念している」と話した。

プーチン大統領はまた、北朝鮮政権に対する国連制裁が「検討」されるべきだと言ったが、林は木曜日にこれを「受け入れることができない」と考えた。

彼は「国際社会の意志にもかかわらず、ロシアは北朝鮮から弾道ミサイルを含む武器と弾薬を調達してウクライナで使用し、関連国連安全保障理事会決議に明らかに違反した」と話した。

「(プーチン大統領が国連対北朝鮮制裁を検討するという発表)は受け入れられません。」 (AFP)

READ  日本でコロナ19患者84人、6ヶ月の間に自宅で死亡した。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours