経済

日本、ベトナム、マレーシアのAppleユーザー、アプリにもっと支払う技術

カリフォルニアに拠点を置く同社は、新しい価格が来月から適用されると述べた。

日本、マレーシア、パキスタン、韓国、ポーランドを含む国のAppleの顧客は、来月からアプリやアプリ内購入のためのより多くの費用を支払うことを発表しました。

カリフォルニアに本社を置く同社は、月曜日のブログ投稿で価格が10月5日から適用されると述べた。 新しい価格は、エジプト、スウェーデン、ベトナム、ユーロを使用するすべての管轄権の顧客にも影響します。

この変更は、Appleが5%に設定された付加価値税(VAT)と法人税(CIT)を徴収して支払うことを要求するベトナムのAppleの新しい規制を反映していると同社は語った。

オーストラリアのシドニーに居住する技術産業アナリストであるTrevor Long氏は、これらの変更は、最も低い評価のアプリの購入に最大の影響を与えると述べた。

「Appleがアプリであれアプリ内購入であれ、アイテムの価格を設定するのではなく、開発者やパブリッシャーが使用できる価格の引き上げを設定することを覚えておくことが重要だと思います。 Appleが価格構造を調整すると、最低価格階層に影響を与える可能性が最も高く、開発者は価格を次のレベルに下げることはできません」とLongはAl Jazeeraに語った。

「しかし、顧客はほとんどの場合最小の費用であるため、変更につながらないでしょう。しかし、実際には、顧客はこれをすべてのアプリ購読について質問する機会にする必要があります。」

READ  Protests against vaccine rules in Europe, カナダ

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close