日本、ベトナムに4-2勝利

Estimated read time 1 min read

日本、アジアカップ開幕戦でベトナムを破って4-2勝利

日本サッカー代表チームがアジアカップ開幕戦でベトナムの意外な難関を4-2で勝ち勝利を収めた。 現在モナコでプレーしている南野拓美が2ゴールを破り、今回の試合のスターになった。

初期闘争と強力な回復

試合は南野の先制ゴールで始まり、日本に肯定的な雰囲気を造成した。 しかし、ベトナムはアジアカップ優勝を獲得した日本元監督フィリップ・トルーシーの指揮の下、グヌ・イェン・ディン・パクとパーム・トゥアン・ハイの2ゴールで反撃した。 このような予期せぬ状況展開で日本はFIFAランキング17位にもかかわらず前半戦で2-1に遅れ、ベトナムの94位と劇的な対照を成し遂げました。

日本が統制権を取り戻す

日本が試合の主導権を取り戻し、状況は再び反転した。 南野の第2ゴールと中村慶朗の驚くべきストライクにより、日本はハーフタイムになる前に先頭を取り戻しました。 交代投入された上田綾瀬(Ayase Ueda)の後半ゴールで日本の勝利がさらに確実になり、アジア5番目の優勝のための強力な基盤を設けました。

試合に対する反応

試合後、南野はベトナムの守備と攻撃の両方で強力な活躍を繰り広げることに驚きを示し、彼らが提起した予期しない挑戦を認めた。 日本の森康ハジメ監督は、特にベトナムの初頭リードにもかかわらず、試合を通してチームの落ち着きを称賛しました。 敗北にもかかわらず、トロウシエはベトナムの努力に誇りを表明し、チーム間の経験と体力の違いを認識しました。

ブライトンの水戸薫が足首の負傷で結腸した状況で、日本の勝利はチームの力と適応力を証明しました。 D組のもう一つの試合であるインドネシアとイラクの試合が待たれる。

READ  トレバーバウアー、日本横浜ベイスターズと契約締結
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours