スポーツ

日本、ベトナムを破ってワールドカップ予選グループリーグに進出

日本は木曜日、伊藤潤也の先制ゴールでベトナムを1-0に破り、2022カタールワールドカップ自動予選進出を強化した。

グループBのサウジアラビアと2位のオーストラリアが1日早く無得点の引き分けを記録し、Samurai Blueはアジア最終予選の中間点でSocceroosと4人のサウジと1点以内に近づきました。

アジア地域予選2組の上位2チームは自動的にワールドカップに進出することになり、3位国家は大陸間プレイオフ進出権をおいて対戦します。

日本は前半17分、ハノイミディーン国立競技場で南野拓美が左に突破し、完璧なバランスのクロスを伊藤が正面から側面足で家に送りながらリードをとった。

GenkのウィンガーであるGenkは40分に再びカウンター攻撃でゴールを決めた。

日本のハジメ森安監督は去る10月12日オーストラリアを2-1に折った予選戦と変わらずライトバック山根美希を選抜ラインナップに紹介した。

予選で初めてホームサポーターたちの前でプレーするパク・ハンソのベトナムはB組の初勝点を狙っていたが、日本のゴールキーパー・ゴンダ修一をようやく苦しめた。

ベトナムシュートストッパーBui Tan Truongが交代投入された柴崎学と森田秀正の試みを防ぎ、試合後半にさらに遅れるのを防いだ。

チャーター機が遅れてハノイに遅れて到着した欧州出身選手11人の一人である日本主張のマヤ吉田氏は、難しい状況の中でも満足のいく結果を得たと述べた。

サンプドリアのディフェンダーは、「私たちは今回の試合で勝点3点を選ぶことにし、何よりも勝点を得て本当に嬉しい。

「私たちは体調が良くなく、ここまで来るだけでも大変でしたが、みんなが最善を尽くして任務を果たしました。」

「また得点したらもっと良かっただろうが、ベトナムは悪くないチームだから状況を勘案すれば全体的に満足する。

現在の予選段階で初めて連続勝利を収めた森林のチームは、B組の最初の3試合で1-2で始まる悪夢のような出発後、正常軌道に上がったように見えます。

日本は火曜日現地時間でマスカットでオマーンと対抗し、9月パナソニックスタジアムで開かれるグループリーグの1次戦で1-0逆転敗の復讐をしようとします。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  トヨタ:ルマン24時間決勝レポート... TS050 HYBRID 8号車が3連覇!

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close