日本、ベトナムホタテ加工注目

Estimated read time 1 min read

東京:日本は、中国の日本の水産物輸入の全面禁止による影響を緩和するために米国に輸出するためにベトナムでホタテを加工するシステムの構築を検討しています。

政府は早ければ来月、ベトナムに派遣される代表団に企業を招待してベトナム加工施設を点検する予定だ。

東京電力ホールディングス(Tokyo Electric Power Company Holdings Inc)が溶解被害を受けた福島第1号原子力発電所で三重水素処理水を海に放流し始め、禁止令が導入されるまで日本ホタテの輸出先を多角化することを目指しする。 8月。

9月、日本産ホタテの中国輸出額が0に落ちた。

以前は、日本のホタテを生皮ベースで年間約30,000〜40,000トンが中国施設で皮をむいた後、米国に輸出していました。

禁止措置により、日本は米国に輸出するための代替加工施設を探す必要がありました。

ベトナムでは、日本とベトナム企業間のビジネス交渉を促進するために、日本が駐日米国大使館が紹介した19の施設を中心に敷地を選定することを希望している。 — 日本ニュース/ANN

READ  マクドナルド日本、2億8500万ドルの最高営業利益の記録
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours