日本、ポーランドの次世代原子炉協力

Estimated read time 1 min read
読売新聞資料写真
茨城県大洗に位置する日本原子力機構大洗研究開発研究所

日本とポーランドが高温ガス冷却炉(HTGR)研究開発のための協力了解覚書(MOU)を締結する予定だという。

今回の協定で、ポーランド内の人材、関連施設建設など分野で協力が強化される予定だ。 今回の協力はまた、日本の技術専門知識の維持、開発および普及を促進することを目指しています。

森山正人教育文化体育科学技術部長官は今後数日以内にアンナモスクワ環境省長官とオンライン会議を開き、公式に取引を締結する予定だ。

今回の覚書は人的資源開発促進、両国研究機関の力量強化、知識共有などについて詳しく説明する予定だ。 ガス原子炉から抽出した熱エネルギー貯蔵と水素生産研究のための研究施設の建設にも協力を再確認する。

この文書は、研究データを含む知的財産の処理についてさらに説明し、東京とワルシャワが少なくとも年に一度の協力を監視するために対面またはオンライン会議を開催する条項を含みます。

HTGRはヘリウムガスを使用して原子炉コアを冷却します。 ヘリウムガスは高温でも化学的に安定しており、パイプの腐食や水素爆発の可能性を減らします。 核燃料や原子炉炉心を処理する際に耐熱材料を使用すると、既存の軽水炉に比べ炉心溶解など大型事故発生の可能性が画期的に低くなる。

HTGRは高い安全性に加えて、脱炭素エネルギー源として水素を生産することができ、これらの技術を確保するためのグローバル競争が激しい。

日本は2030年代に商業用原子炉から一歩離れたプロトタイプ原子炉稼働を目指している。 日本原子力機構(JAEA)は茨城県大洗にある実験用HTTR原子炉を監督します。 原子炉は1998年臨界達成など研究成果で世界最高水準だったが、2011年東日本大震災により10年以上稼働が中断され、研究停滞の懸念が提起された。

この懸念に対処するために、JAEAは国際協力を模索してきました。 原子炉試製品を開発する英国研究機関と核燃料を共同開発することに合意した。

昨年11月にはポーランド研究機関と開発協力協定も結んだ。 ポーランドは2020年代後半に実験用原子炉の稼働を目指している。

政府はまた、新たな覚書を通じて国内インフラ開発を促進することを望んでいる。

READ  Marlon Tapalesを学ぶ:Naoya Inoueの次の相手
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours