経済

日本、マハラシュトラを経済大国に称賛

マハラシュトラの発展におけるプネの役割を認めて、日本駐在総領事金子佳彦(Toshihiro Kaneko)は、西部国家がインド経済の強国であると提案しました。 金子は金曜日の「​​小日川プネ2022」祭りの一環として、インド日本ビジネスサミットを開始するために都市に出席しました。

Kaneko氏は次のように述べています。 日本政府が非常に懸命に努力しているマハラシュトラの良質なインフラは、もう一つの成長ストーリーが起きるのを待っています。

要点を詳しく説明するために、主領事はムンバイ・アメダバードの超高速列車、ムンバイのColaba-Seepz Metro 3、ムンバイ・トランスハーバーリンク、デリー・ムンバイ専用貨物回廊、デリー・ムンバイ産業回廊など5つのプロジェクトの例を挙げた。です。 週に登っています。

Kaneko氏は、「これらのプロジェクトはすべて、マハラシュトラのさらなる経済開発のために効率的で、滑らかで環境に優しい輸送インフラストラクチャを一緒に作成する」と付け加えた。

主領事はまた、修交70周年を迎える韓日関係が国際社会の「安定と繁栄」のための鍵だと述べた。

Indo-Japan Business Council(IJBC)Siddharth Deshmukh会長は、「Konnichiwa Puneの第4版で、インドと日本の70周年を迎え、イベントを開催することに特別であり、人的交流に焦点を当てました。 教育や学生の交換を含めて接続してください。」

READ  日本政府の責任あるサプライチェーンにおける人権尊重指針の採用に関する声明

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close