トップニュース

日本、ミャンマーのすべての開発援助凍結を喜んで:Motegi

日本は状況が改善されない場合、ミャンマーのすべての公式開発援助を中止することを考慮すると茂木豊島みつ外相が日経に語った。

Motegiは「私たちは全くそうはしたくないが、このような状況で継続が困難になるだろうと断固として言うします。」と言いました。 「ミャンマーの民主化をさまざまな方法で支援した国として、友人として、我々は、国際社会を代表して、それを明確にする必要があります。 “

日本は2019年会計年度にミャンマー1893億円(現在のレートで17億4000万ドル)の開発援助を提供したが、これは公開された数値が他のどの国よりも多かった、中国の数値は公開されていない。

日本は軍事クーデターとそれに伴うデモ隊の暴力弾圧に対応して、すでに新しいプロジェクトの交渉を中断しました。 日本外務省によると、日本が1954年、ミャンマーにODAを提供し始めた以来初めての資金が完全に中断されることです。

公式の日本の財政支援を受けるプロジェクトはヤンゴンと日本で最大の二都市マンダレー間の鉄道の接続が含まれます。 いくつかの操作は、続く混乱のために中断されたが、他の作業はまだ進行中です。

治安部隊は、2月1日のクーデター以来、約800人を殺害し、約4000人を逮捕したことが分かった。 米国と欧州連合が政権の指導者と軍事関連団体に対して制裁ルルガたが、日本では、訴訟に従わず、代わりに対話を継続することを決定しました。

デモ隊は先月、ミャンマーダウェイで開かれた軍事クーデターに抗議しています。 ©ロイター

モテ期は暴力の即時終結、拘禁者の釈放と民主主義回復のために軍に「複数の経路を介して控訴した」と述べた。

東京はまた、ミャンマーの民主化を支援しながら、以前の政権下で、ミャンマーとの関係を維持しています。 Motegiは「ミャンマーに軍隊を含むヨーロッパやアメリカよりも多様なチャンネルがあります。」と言いました。 「7人の外相は、それは非常によく理解しています。 “

モテ期は4月の首脳会談以降、日米共同声明の今月のG-7外相の声明に登場した、中国を確認するためのメッセージにも言及しながら、後者が初めて台湾を言及したと指摘した。

彼は「私たちは、国際秩序を損なうことができる、中国の一方的行動に強く反対することに同意した」と述べた。 昨年までのグループのアプローチと異なる点は、「私たちは一つになった電線に対応することを確認した」ということです。

彼は「その基本的な理解は確かに続くだろう」と今後のG-7サミットに反映されるだろうと述べた。

Motegiは東京がこの地域では、中国の浮上に対処するために、「自由で開放的なインドの太平洋」のビジョンを共有している他の国々と協力すると述べた。

しかし、彼は、米国、日本、インド、オーストラリアのクワッドセキュリティグループを韓国のような他の国を含むように拡張することについて、「何も議論されなかった」と述べた。

日本とアメリカが、半導体サプライチェーンと5世代ワイヤレス・インフラストラクチャで、台湾や韓国と協力する計画であることを尋ねた質問にMotegiは、セキュリティの問題に「コアインフラストラクチャと敏感な技術の優位性を確保」する必要があり緊急の必要性を認めました。

彼は「さまざまなサプライチェーンを構築するために、米国と関係国と地域と公共部門と民間部門のパートナーシップを強化しようとする」と述べた。

READ  日本のパラリンピック100日行く| ナショナル

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close