スポーツ

日本、ミャンマーを10-0で下して3次進出| 国民スポーツ

千葉、日本の(AP) – 日本がミャンマーを10-0で下し、金曜日ワールドカップ予選3回戦でアジア初の桁を占めYuya Osakoが5ゴールを記録しました。

日曜日にグアムを相手にする、中国はまだやるべきことが多い。

日本のための巧南野の支えと森田英正、カーごとに大地、板倉鼻のゴール弱ったミャンマーは史上最大の敗北を記録しました。 チームは2月の軍事クーデターで抗議を拒否した複数の星を逃していた。

日本はアジア予選第2ラウンドで37ゴールを記録して、F 6勝で失点していないチームの中で最高記録を保持しています。 9月に開始される予定の次のステージに移動し、2試合が残っている。

一方、中国は4試合ぶりにA組で7得点に過ぎず、2位に留まっている。 シリアは8得点遅れている。 予選と準優勝者8人のうち4人だけが3ラウンドに進出するため、中国は、グアムに続きモルディブ、フィリピン、シリアとの残り4試合をすべて勝つこともできる。

近年、中国スーパーリーグに海外の有名輸入とコーチに投資した結果、中国サッカー協会のChen Xuyuan会長は、チームが成功の兆しを見せなければならないということを知っています。

陳は今月初め、中国の公式通信社である神話とのインタビューで、「私たちは、人々に中国サッカーが進展していることがわかるようにしなければならないと、多くの場合です。 「しかし、我々はこの段階で脱落した場合、他の人は、私たちが改善する代わりに滑っなければならないと考えています。」

中国は今年初め、アジアサッカー連盟(Asian Football Confederation)の旅行制限により、2次予選では、各グループの残りのすべての試合が一つの集中場所で行われること判決後すぐにホスト権限を確保しました。

上海から西に110km(68マイル)離れた蘇州では、約30,000人のファンが日曜日にグアムを相手チームを応援することが予想されるが、中国の過酷なテストでは、6月15日、シリアを相手に行われることになります。

Li Tie監督は、現在までに、中国で唯一登場した2002年ワールドカップでプレーし、前エバートンのMFは5人の外国人選手たちにカタールで2022年ワールドカップを受ける可能性を高めるように要求しました。

Elkeson、AlanとFernandinhoのブラジルの攻撃トリオが中国スーパーリーグで5年を過ごした後帰化しました。 彼らは英国で生まれたが、中国の遺産を持つNico YennarisとTyias Browningが参加しました。

スペインの球団エスパニョールから帰ってきたスター選手雷これと共に5月17日、中国スーパーリーグが中断されて以来、すべての選手たちは、可能な限り多くの準備のために蘇州でのトレーニングキャンプに入った。

Copyright 2021 The Associated Press。 すべての権利を保有。 この資料は、許可なしに出版、放送、書き換えまたは再配布することはできません。

READ  MLB DFS:ベストDraftKings、FanDuelデイリーファンタジー野球推薦、2021年4月5日の戦略

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close