経済

日本、ミャンマー火に手を貸す

良い干渉は得ることが困難です。 政府は、自国の問題を適切に処理することができるかどうかわからないが来てから虐殺と抑圧が起きているときにすることができることの選択は制限です。

それは私達がそれらを無視しなければならないということを意味しますか? ミャンマーで起こっていることは、私たちにその質問を課しています。

Ken Endo(Kyodo)

去る2月、ミャンマー軍部のクーデター以来、800人を超える人々が軍団の取り締まりに死亡し、数百人が行方不明ました。 治安部隊は人々を任意に拘禁して拷問してきました。

国を守るために存在している軍隊が自国民を虐殺することはそもそも異常です。 さらに、市民が必要とするのは自由で公正な選挙に参加する権利、軍がクーデターを介して奪った集会と言論の自由のような基本的な権利であるだけだ。 その無謀な行動は言い訳できない政党はありません。

私は、日本はそこで起こっていることについて、外交存在を示すには、約たさらに悪いことに、軍隊に手を貸すことになります。 状況は、30年以上前に、北京で発生した天安門広場事件への対応とほぼ同じです。

中国共産党が自国民虐殺の責任がある政府を支配した直後、日本政府が体系的に支持し、その後、他の人よりも先に制裁を解除して苦境。

日本政府の行動は共産党が支配する中国政府を大きく手伝い、結果的にそれを台無しにしました。

日本政府は、ミャンマー軍との “自分の意思疎通チャンネル」を誇るが、このチャンネルを使用して残虐行為を防ごうとしません。

東南アジア諸国の主要供与国の一つである日本は、全体の援助中止などの措置を通じて影響力を行使する予定である。

しかし、日本は、米国と欧州諸国と一緒に制裁を加える場合ミャンマー、中国の近くにプッシュ両国関係を台無しにか心配している。

軍事政権は、日本の懸念を活用することで見えます。

中国は、日本政府の唯一の懸念はありません。 日本の手はミャンマー軍と協力して開発された日本企業の権利と利益の縛られているようです。

ミャンマー軍はまた、産業の大企業であり、日本の主要な援助受益者であり、高位の役人が個人的な利益を創出します。

日本のミャンマー協会会長は、現在の渡辺秀夫前メール通信部長官が務めている。 彼の息子裕介(Yusuke)協会事務総長兼、日本、ミャンマー開発研究所副会長は軍隊の熱烈な支持者です。

この機関のほか、一般的な請負業者であるKajima Corp.と取引ハウスMarubeni Corp. など、多くの日本企業が、ミャンマーの援助に関連する大規模なプロジェクトに参加しています。

これが日本の政界とミャンマー軍が同じ利害関係を共有する政治経済複合団地に変貌した方法である。

私は5月初め、日本の北部札幌で、ミャンマーの民主化のための支持の集会に知人の勧めで参加しました。

集会に参加した人々は、主に若者であるという事実に驚きました。 北海道に住んでいる約900人のミャンマーの居住者の多くは、政府支援教育プログラムに基づいて技術インターンとして勤務しており、その中の少なくとも3分の1は、そこにあったのです。

故国でデモが鎮圧される間、その若者たちは、軍の取り締まりを非難しました。 彼らは民主主義の指導者の釈放を求めて、日本政府の民主主義への熱望を明らかに示すことによって、軍事政権への圧力を強化することを促しました。 これらのデモは、日本全域で行われました。

外交の世界では、そのような声をそのまま政策に反映することは不可能する必要があります。 日本企業の利益を含む保護する必要が様々な国の利益があります。

ミャンマーでの人権問題を解決するに選択した理由を尋ねるなど、人権外交の恣意性に対する批判が常に存在しており、ロシアシエラレオネに至るまで、広範囲な地域で人権が侵害されています。

しかし、非人道的な虐殺を介して経済的利益創出されるとき火に手を貸すことは、少なくとも避けてください。

日本の納税者は、(税金がどのように使用されるかについて)認識が不足しています。 日本は残酷な軍事統治を受けるミャンマー支援するために、年間1,000億円(9億ドル)以上を提供しており、彼らのローンは、多くの場合、償却されます。

新規融資は中断されたが、すでに進行中のプロジェクトは継続されています。

また、ミャンマー政権との関係を維持している企業を一覧表示し、監視する必要があると思います。

Kirin Holdings Co.は軍福祉基金管理を提供する、ミャンマー企業との合弁パートナーシップを切断しました。 日本政府は、他の企業にも、これを実行するように圧迫する必要があります。

最後に、日本政府が受け入れたミャンマーの技術インターンが帰国すると迫害を受ける可能性がある亡命申請者に変わっていく中で、政府は彼らの生命と居住地を確保しなければならない。

政府は、ビザを延長することに加えて、一時的宿泊施設を探して再就職を仲介するなど、多くのことを行うことができます。

権威主義は世界的に蔓延しています。 ミャンマーで起こっていることはこれから国がどのように発展するかどうかについて、自由と民主主義を維持しようとする日本の試金石になるだろう。

(ケン遠藤(Ken Endo)は北海道大学公共政策大学院教授です。1966年、東京生まれ。オックスフォード大学で政治学博士号を取得し、ハーバードロースクールの研究者、Institut d ‘etudes客員教授でした。politiques de Parisと台北国立チョンチ大学で彼は「Togo No Shuen」(統合の終わり)をはじめとする数多くの本を執筆しており、日本のセキュリティに関する8冊の試運転エディタでもあります。)


関連報道:

ミャンマー軍と連携したJV前日本長官が率いる企業

国連、クーデター、デモ隊の暴力でミャンマー軍を強姦である

日本の下院が、ミャンマークーデターを強打し、民主主義への復帰を促す


READ  インド、米海軍の排他的経済水域を通過に抗議

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close