経済

日本、メタ・ツイッター継続国内登録消ホールすると過怠料賦課

日本政府が日本に海外本社を登録していない海外IT大企業に対して罰金を科す予定だと日経が明らかにした。 TwitterとFacebookを運営するメタ、グーグルなど計48社が3月末まで登録を要請したが、一部はまだこれを守っていないことが分かった。 より多くの国がユーザーを保護するためにIT大物に対する規制を強化するにつれて、日本は独自の厳しい措置を制定しようとしています。

法務部は6月初め、一部企業が6月13日までに日本にグローバル本社を登録してほしいという要請を改めて強調した。 法務省は依然として登録する意思がない企業に対して裁判所に罰金を課すと述べた。

IT企業の本社が日本に登録されていると、ソーシャルメディアサイトで名誉毀損などの問題が発生した場合、消費者が訴訟を起こしやすくなります。 政府は、消費者を保護するために適切な登録が不可欠であると考えています。

日本の企業コードによると、日本で継続的に事業を行う海外企業は、日本に本社を登録する必要があります。 海外のIT企業はインターネットを通じてサービスを提供しており、日本に拠点を設け、継続的に事業を展開していないという立場だ。 同社はまた、マーケティング業務を担当する会社など、日本の基盤部門を登録すれば十分だと考えているようだ。

100万円($7,400)の小さな過怠料のため、会社登録の可能性も低いです。

ただし、総務部と法務部が登録を要請した48社は、いずれも2021年に施行される電気通信法改正法により営業公告を掲示した。 日本で引き続き事業を行っており、未登録状態が日本法による義務に違反するものです。

法務部常務課によると、「複数業者」が登録を完了した。 メタもTwitterも6月15日まで登録していないようで、両社ともコメントを拒否した。

海外IT企業が法人税負担増加を懸念して日本登録を遅らせていると伝えられた。 これを解決するために、法務省は、日本の代理人の権限が制限された場合、会社の税負担が増加しないシステムを許可します。 一部の企業は6月13日締め切りを守ることができなかったが、法務部に登録意思を知らせた。 教育省の方針は、これらの会社に対する処罰を保留することです。

READ  円暴落、日本、米国の管理者が既存の外国為替契約を確認世界のビジネス

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close