経済

日本、ユニセフに150万ドルの子供予防接種を支援

カンパラ、2022年10月5日 それだけ 日本政府 ウガンダ政府が地域社会レベルで予防接種不足や予防接種を受けていない子どもたちのタックルを改善することを支援するために、UNICEFであるUNICEFに150万ドル(UGX5,710,860,000)を寄付しました。

ユニセフは、資金を使用して、必須ワクチンを接種されていない予防接種を受けていない子供と予防接種が不足している子供とCOVID-19予防接種対象の子供に役立つデジタル健康情報システムを構築します。 医療従事者が予防接種の供給を計画するのを支援します。 とCOVID-19ワクチン接種を追跡します。

最近、4つの都市地域で実施された「ゼロドーズ」アンケート調査によると、まだ予防接種を受けていないか、十分に予防接種を受けていない子供たちが相当数であることがわかりました。

子供が1を祝う前に 誕生日に、BCG、ジフテリア-HepB-Hib、B型肝炎、OPV、IPV、ロタウイルス、黄熱病、はしか-風疹、PCVワクチンを迎えなければなりませんでした。 学校と地域社会の10歳の女の子はHPVワクチンを服用する必要があります。

ワクチン接種を実施していない実際の児童数の正確またはほぼ正確な情報源の欠如、複雑なデータ収集フォーム、在庫状況、不履行者、および毎月の予防接種を受けなければならない子供を視覚化する簡単な方法の欠如、困難なワクチン在庫の正確な監視を確保する受領と配送は、予防接種サービスの提供方法に影響を与えるいくつかの問題です。

デジタル追跡システムが実装されると、保健省とパートナーはサービスの質と保証を向上させることができ、サービス活動と改善された計画を通じて、彼らがどこにいても予防接種を受けていない人や免疫不足の人に到達することができます。

350人の医療従事者と60人の保健省および地域委託病院の関係者は、この革新の直接的な恩恵を受けていますが、Kamuli、Kampala、Kamwenge、Lamwo、Mukono、NtungamoおよびWakisoのパイロット地区にある5歳未満の子供130万人が間接的に恩恵を受けます。

この介入はまた、国レベルで5歳未満の子供1000万人とCOVID-19に対する予防接種を受ける12〜18歳の間の予防接種を受けた子供2100万人に利益をもたらします。 プロジェクト目標は2024年末までに実現される。

「日本政府は、予防接種サービスの提供で経験した問題を解決し、普遍的な健康保障(UHC)を達成するために、保健省がデジタル化された健康情報微細計画システムを実施することを支援するために、ユニセフに150万ドルを寄付することになったことを嬉しいです。 )。

また、日本は2022年8月に開催された第8回東京アフリカ開発会議(TICAD 8)でコロナ19対応、UHC推進、保健医療システムの強化、より良い保健安全保障構築のために努力することを約束しました。

この協力は、この約束の実現です」と、在ウガンダ日本大使の福澤秀元氏は述べました。

日本政府の財政支援により、ユニセフの介入は「ゼロ線量」児童の推定を改善し、そのような児童が地域内のサブコミュニティレベルの位置をよりよく識別するのに貢献します。

ユニセフのウガンダ代表 – Munir Safieldin(博士)は、適切なタイミングで正確なデータを収集すると、地域レベルでの被験者の人口の量と位置のより良い見積もりによって、特にワクチン接種の範囲が改善されると述べました。

日本政府のこの資金により、ウガンダ政府はパートナーの支援を受け、ウガンダの定期および追加予防接種、COVID-19予防接種、ビタミンAサプリメント、駆虫および地域栄養検査データをよりよく管理することができるでしょう。

ユニセフは、このプロジェクトを実施するために、保健省ウガンダ予防接種に関する国家拡張プログラム、保健情報管理部、地域社会保健省と緊密に協力します。

READ  日本のインフレはBOJ目標を超過し、価格圧力を拡大

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close