トップニュース

日本、ラムダの亜種の感染症の詳細情報公開

中央政府は、まもなく日本で確認された新たなコロナウイルスのラムダの亜種の事例についての情報を公開し始めることです。

当局は現在、国立感染症研究所の定義に基づいて確認された「変種懸念」ケースの数を公開している。 しかし、Lambdaの亜種は、まだリストに表示されていない。

加藤勝信官房長官は8月18日の記者会見で「政府は国民の懸念を緩和する方法でラムダ変種事例を含むことだろう」と述べた。

保健省高官は、政府が、世界保健機関(WHO)の定義の懸念の変形と「関心の変形 “事例の詳細も公開する計画だと述べた。

WHOはラムダ菌株に興味の亜種に指定されました。

日本でラムダの亜種の最初の事例が東京羽田空港から7月20日、確認された。 東京オリンピックのためにペルーから来た女性が到着するとすぐ陽性反応を示した。

しかし、その情報は、8月6日までに公開されていない。

Katoはこの事件が「厚生省の指示に従って、「処理されたました。

続いて「しかし、人々は様々な興味や悩みを持っている」と付け加えた。

NIIDのTakaji Wakita所長は8月18日の記者会見で、ラムダの亜種が、ペルー、チリ、エクアドルでは比較的大多数の感染を起こしたと言いました。

しかし、世界的に減少傾向にある」と述べた。

彼はラムダの亜種がデルタ変種よりも感染があると考えないと言いました。

「この三国から来た旅行者は多くありません。 現在の状況で、日本でラムダ亜種を広める危険は非常に低いです。 “

READ  津波被害学校、追悼の場所に開校

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close