日本、ロケーション制作インセンティブのための最初の資金調達ラウンドの設定

Estimated read time 1 min read

日本は来月以前に公開された場所インセンティブ計画に基づいて、最初の映画やテレビ制作資金の支援を開始する予定です。

この制度は日本国内の適格支出の最大50%を償還し、各支出に対する上限額は10億円(666万ドル)です。

大規模な制作を目指すこの計画は、次のような対象に開かれています。 日本での最小直接制作コストが330万ドルの映画、テレビ、ストリーミングプロジェクト。 または、予算が666万ドルを超え、そのうち5分の1(2億円または133万ドル)を日本で支出します。 または、10カ国以上に配布されている他のプロジェクトの場合、日本の制作費は133万ドル以上を費やします。

日本の制作会社を通じて資金を申請するには、今年の3つの期間のうちの1つで行われる必要があります。2024年3月4日〜15日。 5月20日~6月7日または8月26日から9月13日まで。

適格費用には、日本企業、個人、地方政府、公共機関への支払いなど、日本での映画制作に関連する直接費用が含まれます。

このプログラムは、補助金の予算がなくなった後に終了します。 経済貿易産業部(METI)がこの制度の指定所有者です。 映像産業振興機構(VIPO)がプログラム運営者です。 そしてプログラムコーディネーターである日本映画委員会(JFC)。

さらに、すべてのプロジェクトは4つの異なる基準を満たす必要があります。 雇用やスタジオを使用することで、日本のコンテンツ業界に恩恵を受ける必要があります。 日本で撮影。 撮影場所を宣伝します。 日本作品の世界的魅力を高めるのに役立ちます。 しかしVIPOは、その作品が「日本経済と国内映画産業に大きな利益を与える限り」、一部の基準に合わない他のプロジェクトも喜んで考慮すると発表した。

以前は昨年10月に続き、2019年のパイロット計画の拡大であったこのガイダンスは、まだ日本で行われている後半の作業や視覚効果の作業の適格性については言及していません。 外国人材に支払われる給与処理についても説明しません。

READ  「LOST ARK」のオープンサービスは9月23日に開始します。 ゲームパッドの正式対応と新しいクラス「ランスマスター」の実装時期も発表
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours