日本、ロシアに対する貿易制裁をさらに1年維持

Estimated read time 1 min read

日本政府は、金曜日、ロシアのウクライナ侵攻に対するロシアに対する経済制裁の一環として、3月末から1年間、ロシアの「最恵国」貿易の地位を拒否し続けることにしました。

2022年4月、日本議会は、国家に対する懲罰的制裁の一環として、ロシアが1年間関税を引き下げるなど、利益を奪う措置を承認しました。 最近の決定は2番目の延長です。

写真は2023年5月2日、東京のある魚屋で販売中の冷凍ロシア王子様。(共同通信)

鈴木純一日本財務長官は金曜日の記者会見で、日本が2022年2月に始まったロシアのウクライナ侵攻に対して「国際社会と協力して」対応すると明らかにした。

ロシアからのすべての輸入品には、2025年3月末までに引き続きより高い関税が課されます。 これには、サーモンに対して以前の3.5%から5%、カニに対して4%から6%が課金されます。


関連プレス:

日本、WTO会議で中国・ロシアにシーフード禁止解除を促す


READ  ロードアトランタのHSRミティに日本車が登場
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours