経済

日本、ワクチン、オリンピックの不確実性に非常延長| ビジネスニュース

バーやレストランが早くドアを閉じるように要求していることに加えて、雇用者は、より多くの従業員が自宅で仕事をできるように手配するよう依頼しました。 また、政府は、テストを拡大すると関係者は語った。

昨年4月と5月に日本初の緊急事態とは異なり、学校、体育館、劇場、店はまだ開いているが、いくつかのお店は、自発的に早期ドアを閉じます。

シュガーは、9月に就任してコロナウイルス感染を制御しながら、経済を正常化すると約束した。 彼は今年の夏、東京オリンピックを開催することを決めたと述べた。

シュガーは6月まで、日本全体の人口1億2700万人を余裕が十分なワクチンを確保すると約束したが、まだ承認されたことはない。

コロナ19ワクチンを担当している河野太郎行政改革相は火曜日ヨーロッパ産ワクチンの流通遅延についての懸念を提起し、日本の準備がEUの明快さが不足して影響を受けたと言いました。

Konoは「私たちのワクチン供給のスケジュールはまだ確定していません。

日本の管理は、2月末にファイザーワクチンを接種することを希望します。このワクチンのいくつかは、医療従事者、高齢者やその他の健康状態がある人から始めて、EUで生産されます。 一般大衆は6月ご​​ろまでのワクチンに適合しないと予想されており、特にワクチン懐疑的に知られ国から7月のオリンピックを控えて「混雑免疫」を獲得する可能性は低いです。

READ  ホンダ、新CEOに、日本のR&Dシニアミベ俊弘任命

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close