エンターテインメント

日本、ワールドカップ予選でオーストラリアの連続安打行進終了| バッファロースポーツ

JOHN DURDEN AP通信

ソウル、韓国(AP) – オーストラリアのオウンゴールで日本は来年のワールドカップでの自動出場権を競うことができました。

オーストラリアのDF Aziz Behichは火曜日85分オウンゴールにボールを入れてBの4試合で日本に2-1の勝利を収めた。

ゴールキーパーマットライアン(Mat Ryan)が浅野琢磨(Takuma Asano)のシュートを飛ばし、ボールはポストから飛び出しべヒヒ(Behich)を迎えてゴールネットに当たった。

森安肇、日本の監督は、「私たちは最後まであきらめずに戦った。 「私たちは、ワールドカップに進出するという意志を見せた。 “

6つのチームで構成され、2つのグループの上位2つのチームだけ自動的にカタールのトーナメントに進出することができます。

Ao Tanakaは70回Ajdin Hrusticが同点ゴールを割り前埼玉スタジアムで日本をゴールでリードしてきました。

「両チームともお互いを狙いました。 ” オーストラリアの監督のグラハム・アーノルドが言いました。 「私たちがポストを打つされたのは、運がなかった…意図したところはなかった。 “

オーストラリアは後半半ば森田英正(Hidemasa Morita)がPKを得て出してPKを得た。 しかし、Martin Boyleがキックを蹴りも前に、カタールのAbdulrahman Al-Jassim主審はビデオレビュー後の課題は、このボックスのすぐ外側起こったと判決を覆しました。

READ  雅子さま振り子様結婚を言及せず... 3年前に「嬉しい」と祝福も| 女性自身

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close