スポーツ

日本、ワールドカップ団体戦2位

日本は日曜日、オーストリアで開催されたワールドカップスキージャンプ団体展で、フォヒルズチャンピオン小林涼也(Ryoyu Kobayashi)が先頭を走り、2位を占めました。

開催国はビショフショフェンで1015.5点を記録し、9.1点で授賞台に上がり、日本の4人組小林と彼の兄ジュ​​ンシロは佐藤圭一、佐藤幸也と共に0.2点車で3位ノルウェーを抜いて0.2点を記録した。

同じ場所でFour Hills総合タイトルを獲得してから3日後、小林涼油は275.7点でチーム競争で2番目に高いスコアを上げました。 土曜日の個展で優勝したノルウェーのマリウス・リンドビックマンがこの日276.2点でより良い成績を収めました。

1日前、個展で4位を占めた小林涼也(Ryoyu Kobayashi)は「現在、私たちのチーム全体の体調が良く、みんなが強いジャンプを見せた」と話した。

「今、私は次のチーム大会(ポーランドのジャコパネで)を楽しみにしています。希望するところでは、私たちもオリンピックチーム大会でメダルを放って戦うことができます。」

ポディウム・フィニッシュは昨年3月、日本が最近3位以内に入った日本のワールドカップ男子団体戦シーズン初の大会だった。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  セリーナ・ウィリアムズ、全豪オープン準々決勝進出:Sportsnaut

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close