Breaking News

日本、一対多ドローン運営への道を模索

Estimated read time 1 min read
日本、一対多ドローン運営への道を探す航空週間ネットワーク

https://aviationweek.com/themes/custom/particle/dist/app-drupal/assets/awn-logo.svg

メインコンテンツにスキップ

日本のKDDIとAeroNextは、地すべり被害地域で配送ドローンと通信するためにSpaceXのStarLinkネットワークの使用をテストしました。

クレジット:KDDI

KDDIと日本航空は、日本の新エネルギーおよび産業技術開発機構(NEDO)が資金を支援するプロジェクトによって、1人の運営者が複数のドローンを管理できる一対多運営という運営概念を定式化する予定です。 会社は運営計画を立てる必要があります…

日本、一対多ドローン運営への道を模索 に投稿しました 高度な航空モビリティレポートAWIN(Aviation Week Intelligence Network)マーケットブリーフィングであり、AWIN Premiumメンバーシップに含まれています。

すでにAWINのメンバーであるか購読しています。 ハイテク航空モビリティ 会社を通して? 既存のメールとパスワードでログイン

会員ではありませんか? 航空輸送コミュニティで何が起こっているのかを把握するために必要な市場情報とデータにアクセスする方法を学びます。

READ  ビデン政権は、迅速な合格を目指す新しいTikTok法案を支援します。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours

Paul Mitchellの億万長者創設者は人工サンゴ礁に投資します。

ジョン・ヘイマンは、カブスの所有権が少平大谷に支払うとは思わない。