日本、一部地域でネズミが発見された後、パン100万パックリコール

Estimated read time 1 min read

東京工場も稼働を中断し、調査も指示した。

メーカーパスコ志島(Pasco Shikishima)が一部パンの内部でネズミ死体が発見されたと明らかにした後、日本では10万個以上の薄切りパンがリコールされた。 独立。 同社は現在、スライスしたパンの2つの袋の中に「小さな動物」の一部がどのように入ってきたかを調査しています。 Pasco Shishishimaは、薄く切った白い超宿パンを食べた後、病気になった人は誰もいないと付け加えました。

会社側は「顧客の皆さんと取引先に物議を醸した点深く謝罪する」とし「このようなことが再発しないように品質管理システムを強化する」と明らかにした。

続いて「同じ工場ラインで生産された下の製品をリコールし、該当ラインを中断して原因把握と対策を講じる予定」とし「当社製品を選択してくださったお客様に心から感謝いたします」と付け加えた。

同社は、東京西部に位置する工場で生産された、非常にしっかりとした質感を持つ過発酵パンの一種である白「超宿」のパン一束でこの物質が発見されたと明らかにしました。 東京工場も稼働を中断し、調査も指示した。

特に、今回のリコールに加えて、近年、日本では他の食品恐怖が発生しています。 の報告によると CNN3月に数人が死亡すると、日本の保健当局は大規模な製薬メーカーである小林製薬が作った3つの栄養補助食品についてリコールを要請しました。 他の百人以上の人々が病院に入院した。

ロイター通信によると、食品サプライヤーのワラベヤニチヨは昨年8月、東京北部埼玉のセブンイレブンコンビニに供給したおにぎりでゴキブリ2匹が発見されたと明らかにした。

READ  休日以降に退職サービスに移行する日本の労働者の増加
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours