日本、不正行為で染色されたパリオリンピックの遺産と諦める警告

1 min read

東京 – 日本は依然として不正行為で染み、伝染病により遅れた2020東京オリンピックの余波と密接しており、今夏のフランス首都で開かれるオリンピックを控えてパリに警告の役割をしています。

コスト超過、腐敗およびコロナ19はすべて、計画より1年後の2021年に非公開で開催された東京オリンピックに対する日本の大衆の記憶を損ないました。

これに日本は大衆の支持が足りないという理由で北部北海道札幌で冬季オリンピックを開催しようとする計画を撤回した。

10年間、日本オリンピック委員会執行委員を歴任した山口洛は「日本人はオリンピックを愛する」とし、東京オリンピックに対する期待が大きいと述べた。

しかし、オリンピック直前の理事会から退いた60歳の彼は、期待と現実の乖離が人々に「誰のための行事なのか気になった」と話した。

1988年、ソウル大会で柔道銅メダルを獲得した山口は「人々は(ほとんどのテレビを通じて)選手たちが競争するのを見れば肯定的な感じを受けましたが、イベントの組織と運営については否定的な印象を受けました」と話しました。

「すべてを返す壁があるようでした。人々が何を言っても無視または通過できませんでした。」

東京オリンピックの最終費用はほぼ130億ドル(S$175億)で、当初の推定値の約2倍に達しました。

オリンピックを控えて数ヶ月間、世論は分裂し、多くの日本人は伝染病のため大会を取り消さなければならないと主張しました。

彼らの怒りの大部分は連絡がないと思っている組織に向かいました。

今回の大会は大きな事故なく行われたが、ファンが少数の場所を除くすべての場所に入場することを禁止するなどのウイルス対策のため、オリンピック史上最も奇妙な大会の一つとして記憶されるでしょう。

オリンピックが終わった後に明らかになった腐敗スキャンダルは、より否定的な見出しを飾りました。 一連の裁判で、これまでこの行事に関して賄賂を提供した疑いで10人が有罪判決を受けました。

新井広和スポーツ心理学教授は「ファンデミックが発生していなくても不正直、最高位層の不適切な発言、対価はすべてまだ発生しただろう」と話した。

日本でオリンピックのイメージがもたらした打撃は当初、2030年から2034年に延期されたが、12月には取り消された札幌冬季オリンピック誘致に致命的だった。

不運な誘致を調査したパネルは、公務員がオリンピック開催の費用と利点を地域住民に十分に説明していないことを発見しました。

山口氏は、日本がもう一つのオリンピック誘致のための十分な普及的支持を得るまでには「かなりの時間」がかかると付け加えました。

彼は「現代オリンピックは100年以上の歴史を持っているが、開催の意味を説明できなければ、人々はただお金がかかるもう一つのイベントだと思うだろう」と話した。

新井はまた、パリの開幕式を2ヶ月余り残した日本オリンピックへの関心が今も減ったと信じています。

彼は「東京オリンピックに続いてパリオリンピックが開かれるが、そのような場合、通常ニュースがたくさん出るだろう」と話した。 「そうではありません。」

否定的な面も多いが、山口は東京オリンピックが日本社会に鏡を映し、社会自体の良い点と悪い点を見ることができるようにしてくれたと話しました。

彼女は、現世代の子供たちが成長する「10〜20年後」オリンピックの肯定的な遺産が明らかになることを願っています。

「組織委員会は包容と多様性というテーマで始まり、パラリンピック選手たちは多くの学校を訪れるなど、人々が見られない華やかではない作品が多かった」と彼女は語った。

「否定的な部分もありましたが、肯定的な部分もありました」 AFP

READ  オーストラリアでのGoogleの戦いは、メディアの未来を変えることができます
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours